読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

自然治癒力(断酒2年247日目)

 人間や動物などが、生まれながらにして持っている、病気や怪我を治すチカラ、これを自然治癒力と表現する。

 

 アルコール依存症に完治は無いとは言え、酒を飲みさえしなければ、健常者と全く同じ生活が出来る。

 

 要は、飲まないでいる状態が苦痛ではなく、普通になれば、問題ない。

 

 前提として、アルコール依存症を治療する薬は存在しない。酒を飲まない為の補助となる抗酒剤などの薬は、飽くまでも飲酒の予防の役割があるに過ぎない。

 

 ならば、立ち直った多くのアルコール依存症の人々は、一体どうやって酒から離れたのか。

 

 飲まないこと。酒を断つ。断酒。これを日々繰り返すことが先ずは、基本で、それをどう実行するかは、本人の自由意志で選べる。様々な道があり、手段があるし、強制されることもない。

 

 「治癒」するわけではないが、薬を飲んだり手術したりするわけではなくて、しばらくの期間、我と我が身を断酒と言う放置療法に晒すのは、ある意味、自然治癒力にすがるようなものだ。

 

 酒なし生活に慣れることが、即ち、アルコール依存症からの回復である。もちろん、心の中に巣食う小悪魔に負けて、ひと口でも飲んでしまえば、瞬く間に以前のアル中に戻ってしまうので、飽くまでも「回復」であって、「治癒」ではないが。

 

 酒なし生活に慣れることは、十分に可能である。このブログを書いている私と、このブログにコメントを下さる断酒仲間の方々の存在が、何よりの証拠だ。

 

 自然治癒力と言うと、「治癒」に語弊があるならば、自然回復力と言い換えてみても良い。

 

 自然回復力は、誰にでも備わっている。

 

 形状記憶合金をイメージして、過飲酒の方向にひん曲がってしまった自分を、元の飲まなかった真っ直ぐの自分に戻す。断酒によって、飲まない自分に戻す。

 

 

f:id:anomiyakun:20151104071316p:plain

 

 お知らせ。

 

 ここのところ、コメントへの返信が滞っており、申し訳ありません。近日中に、返信いたします。

 

 

 

*広告

 

↓↓↓※コメント欄は、承認制にしています。すぐには反映されませんが、必ず、読んで承認しますので、お待ち下さい<(.".)>

(まことに勝手ながら、コメント内容によっては、承認の前に、削除することもあります)

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》