酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

飲まなかった頃の自分に会おう(断酒2年264日目)

 私は法律に従って(?)飲酒を始めたのは二十歳からだった。

 

 と言っても、最初の頃は、付き合いで仕方なく飲んでいた。しかも、あまり好きではなかった。そんな記憶が、今頃蘇えって来た。

 

 でも、いつの間にか、酒を飲んで酔うことが気持ち良く、段々と飲酒の量と頻度が増えて行った。

 

 この年になって、酒を抜いて3年目、不思議な気分だが、外見はおっさんになってしまったが、心は、酒を飲まなかった頃に戻ったような、そんな気がしている。

 

 タバコも、見よう見まねで吸い始めた頃は、ただ煙くて咳き込むだけだったのに、いつの間にか毎日吸わずにはいられなくなった。やめるのには苦労したが、禁煙10年目の今では、タバコの煙が大嫌いだった子供の頃に戻ることが出来た。

 

 身体は加齢と共に老いるが、ココロは、いつだって若返る。誰だって、酒もタバコも身体に入れていなかった頃があるはずで、その頃に戻ることが出来る。若かりし頃の自分に会うことが出来る。

 

 タバコをやめれば、口の中がヤニ臭くなくなるし、酒をやめれば、口臭、体臭からアルコール臭が消える。もちろん、不快な二日酔いともサヨナラだ。

 

 この社会で生きて行くには、それなりに付き合いが必要で、酒席も三度に一度くらいは出なければならないかもしれない。でも、周囲に合わせて飲む必要はない。自分が酒を飲まない理由をくどくどと言う必要もない。

 

 「酒は飲まないんです」又は「酒は飲めないんです」又は「酒は嫌いなんです」

 

 このどれかで良い。

 

 アル中だからとか、アルコール依存症だからとか、そんな事を言ったとて、相手は医者でもないのだから、無意味だ。ただ単に飲まなかった頃の自分に戻ったから、飲まない。これだけで良い。

 

 世の中の風潮はヘンで、なぜか酒を飲む人の方が幅を利かせている。酒を飲まない人が肩身の狭い思いをしている。全くおかしな話である。私は、酒なんぞ、もっと、堂々と飲まないでいようと思い、実践している。

 

 もう、以前の自分ではなく、酒を飲まなかった頃の自分に邂逅し、その頃の自分に戻ったのだ。気分も若返って、とっても爽やかである。

 

 

 

*広告

 

↓↓↓※コメント欄は、承認制にしています。すぐには反映されませんが、必ず、読んで承認しますので、お待ち下さい<(.".)>

(まことに勝手ながら、コメント内容によっては、承認の前に、削除することもあります)

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》