酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

酔って天国、醒めて地獄(断酒2年276日目)

 何度かブログに書いたことだが、この時期、矢張り思い出してしまう、若き日の大失態。

 

 12月、寒風吹きすさぶ中、味わった天国と地獄。会社の忘年会のその日は、午前中からソワソワして、仕事も上の空だった。早く終業の時間にならないかな~と。30年近くも前のことなのに、覚えている。

 

 結構その年の仕事はハードで、残業続きで、でも成果が上がって、迎える忘年会の何と楽しかったことだろう。

 

 飲み始めから、酔っ払っている最中は、天国だった。誰も、私の酔い具合など気に掛けることも無かった。あまり顔には出ないし、普通に話をしていたようだった。でも、泥酔していた。

 

 この続きを知りたい方は、まだまだ断酒初期の頃の懺悔の記録として書いた、懐かしい断酒19日目の記事を読んで頂きたい。

 

 『過去の泥酔事件簿その2(断酒19日目)

 

 酔っ払っている間は、天国にいる。浦島太郎だと竜宮城かな。例えば、それが木枯らしのヒューヒュー吹いている公園のベンチでも、泥酔していれば、桃源郷なのだ。アルコールが薬物としての効力を発揮している間だけだが。

 

 だが、そういつまでもアルコールの薬効は続かない。ふと、醒めて、あれ!?ここはどこ?オレはなぜここに?と気付いた時、場面は天国から地獄へと一気に転換する。まさに急転直下。この、落差の激しいこと。

 

 何も紛失していなければ、何も失言していなければ、何も失態を晒していなければ...?

 

 いやいやそれは、単にラッキーだっただけで、それらの、紛失・失言・失態などを、この次の泥酔時に繰り延べしただけに過ぎない。飲み続けていれば、いつか必ずやらかして、地獄を味わう事になる。

 

 酒の恐ろしさを肌身で知った人は、酒を断つ他ないことを自覚する。

 

 どうか、このブログを読んで下さっている方は、大晦日までの、あと約2週間、酒とは無縁で過ごし、アルコール無しの爽やかな新年を迎えられんことを祈る!

 

 師走の、アルコールによる大失態は、ダメージが大きい。被害も甚大なものになる。金品を失うことは、大した事ではない。

 

 酒で友人を失ったら?

 酒で信用を失ったら?

 酒で命を失ったら?

 

 飲む前に考えてみよう。飲んでからではもう遅い。

 

 『飲む前に 考えてみりゃ 飲む気失せ』

 

 『遅すぎる 飲んでからでは 考えぬ』

 

 

 

f:id:anomiyakun:20151204201807p:plain

 

 

 

 

*広告

 

↓↓↓※コメント欄は、承認制にしています。すぐには反映されませんが、必ず、読んで承認しますので、お待ち下さい<(.".)>

(まことに勝手ながら、コメント内容によっては、承認の前に、削除することもあります)

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》