酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

「酒に強い・弱い」意味(断酒2年291日目)

 昨日、数十人参加の忘年会に出席して来た。

 

 私が酒を飲まないことは、もう知れ渡っており、その点、何の苦労も無かった。会の始まりは、音も無く岸を離れる小舟のように静かだった。

 

 アルコールが参加者の体内を駆け巡るのにさして時間は掛からず、あちこちで談笑の声のボリュームが上がって来て、それはそれは賑やかになった。

 

f:id:anomiyakun:20151230204212j:plain

 私は、今時珍しい瓶のコーラと、瓶のジンジャーエールを飲んだ。ノンアルコールビールもあったけれど、食指動かず(笑)周囲の人がガバガバグビグビ胃の腑に流し込むビールを見ても、もう何とも思わなくなった。

 

 場の状況をノンアルコールの頭でジーーーッと観察していた。

 

 宴の時間が経過すると共に、顔が真っ赤になっている人、呂律が回らない人、トイレに立つのにふらついている人、がいるかと思えば、顔色も変わらず、飲み始めと殆ど同じ受け答えの人もいる。

 

 ふと、ひとつ考えたのは、酒に対する強弱は、人によって全く違うと言うこと。同じく酒を好きであっても、アルコールに対しての人体の処理能力に差があるわけだ。

 

 帰り際、何人かの人に声を掛けた。

 

 「Aさん、酒、強いですねー」と私。

 「いや~、それほどでも」と、ちょっぴり嬉しそうにAさん。

 

 「大丈夫?Bさん、ちょっと飲み過ぎじゃないの?」と私。

 「全然オーケー。まだあんまり酔ってないよ」と、何言ってんの?みたいな表情のBさん。

 

 酒飲みは、酒に強いと言われたほうが嬉しくて、酔っていることを心配されると、酒に弱いと見られているようで、イヤなのかな。

 

 酒をやめた私が気付いたこと・・・「酒が強い・弱い」とは、ある特定の薬物(エタノール)に対する個々人の体質に過ぎないと言う単純な事実。

 

 なので、

 「オレは、酒が強いぞ。いくらでも飲める」

 ←それがどうした!

 「私、お酒に弱いんです。すぐに赤くなっちゃうし、酔っちゃうし」

 ←だからどうした!

 

 「酒に強い・弱い」に意味は無い。 

f:id:anomiyakun:20151227183543p:plain

 

 また断酒丸への乗船希望の方が増えて、本日(2015/12/30 20:35時点)乗組員62名となっている。(最新2015/12/31 5:00時点では乗組員64名!)

 

 ※もしも読んで下さっている方の中で、「やめてみたいが、365日酒を断つことは出来そうにない」と、躊躇されている方がいらっしゃるなら、そこまで考えないで、先ずは一緒にやめてみませんか。途中で飲んでしまっても、また始めれば良いことだと思います。

 

marathon.hatenadiary.jp

 

 

 

*広告

 

↓↓↓※コメント欄は、承認制にしています。すぐには反映されませんが、必ず、読んで承認しますので、お待ち下さい<(.".)>

(まことに勝手ながら、コメント内容によっては、承認の前に、削除することもあります)

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》