読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

酒の洪水と箱舟(断酒2年292日目)

 大晦日、ボクシングの世界戦やら、格闘技戦やらが、夕方から23時過ぎまで、民報3局で放映され、格闘技好きの私には、嬉しい悲鳴だった。

 

 なので、2016年最後のブログを書く時間がなかなか取れず、UPが24時近くになってしまった。

 

 12月24日(2015年)に書いた、
『One for all, All for one(断酒2年285日目) 』
への、 アルコリコさんからのコメントの中に
「見渡せば 酒の洪水 世の中は
のみすけ号は ノアの方舟」

と言う短歌が詠まれていた。

 

 確かに、今の世の中は、酒の洪水、アルコールの洪水だ。同じように人体への有害性をもつタバコは、その洪水を堰き止められているのに、酒のほうは野放し状態である。大人が酒を飲むのは当たり前、寧ろ飲まない人はおかしいような雰囲気がプンプンしている。

 

 世の中に合わせようとする人ほど、酒の罠にハマり、抜け出せなくなるようだ。私もそうだったし、元旦からの断酒チャレンジに集って下さった方々もそうなのではなかろうか。

 

 沢山の仲間で一緒に2016年元旦から酒をやめよう!と考えて、「断酒マラソン」と名付けたイベントは、別名を「断酒丸」と言う船に乗る、2016年元旦から大晦日までのクルーズでもある。

 

 もちろん、とてもではないが、ノアの箱舟になど例えることなど出来ない小さな船だ。ひょっとしたら、メンバー全員が交代で漕がないと進まないのかもしれない。

 

 船乗りの仕事が如何に危険であるかを例えることわざが「板子一枚下は地獄」。私たちも、「板子一枚下は酒地獄」であることを肝に銘じて、進んで行こう。

 

 ところで、2015年大晦日23:50現在、実に68名もの方が、断酒マラソンに集って下さり、2016年元旦からの断酒丸での航海を共にすることになった。断酒の仲間が68名!

 

 2016年は元旦からワクワクドキドキのとても楽しい年明けになりそうだ。
 

 

 

*広告

 

↓↓↓※コメント欄は、承認制にしています。すぐには反映されませんが、必ず、読んで承認しますので、お待ち下さい<(.".)>

(まことに勝手ながら、コメント内容によっては、承認の前に、削除することもあります)

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》