酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

他覚症状あり自覚症状なし(断酒2年300日目)

 アルコール依存症は否認の病。本人は認めない、認めたくない、認めたがらない。

 

 本人が決して認めなくても、その張本人を見ている家族や、友人・知人、職場の人などにとっては、他覚症状として、もはやアルコール依存であることがあまりにも明白である。これは、滑稽極まりない。

 

 風邪を引いて熱があってフーフー言ってるのに、本人は健康だと主張しているようなものである。家族は、医者へ連れて行きたいが、本人は頑として風邪であることを認めない。

 

 そう言う私も、今でこそ自分自身がアルコール依存症であることを認めているが、飲んだくれていた頃は、アルコール依存症とかアル中とか言う人は、自分とは全く違う世界に棲息している、病人だと思っていた。

 

 「かつて自分はアルコール依存症であった。」との過去形には決してならないところが、この病の特徴である。何故ならば、治癒がないからである。全然飲んでいなくても、持病であることに変わりは無い。

 

 酒にどっぷりと浸かっている人は、実は、自分が正にその「病人」なのに、単に酒が好きなだけで、正常だと信じている。どこまでも御目出度い思考である。

 

 と、ここまでは第一の否認。

 

 第二の否認は、酒さえ飲まなけれは、自分には何の問題も無い、と言うものだ。本当は、その、酒を飲んでしまう理由に踏み込まなければならないのに、酒そのものを悪者にしてしまいたいのだ。

 

 酒のチカラを借りずにはいられない理由、環境があったはずで、それを認めて対処しておかなければ、また同じ過ちを繰り返すことになる。

 

 本来、病気は自分自身が辛いから、病院へ行き、医師の診断の下、病状を改善しようとする。だが、アルコール依存症は特殊で、辛いのは寧ろ家族であって、本人は酒さえ飲んでいれば酔っていい気分なのである。

 

 他覚症状は明白でくっきりとしているのに、自覚症状がない、または、有るのだが、認めない。不思議な病気だ。

 

 

 ☆お知らせ

《断酒マラソン掲示板モドキ》で、72名の断酒仲間が楽しくコメントのやり取りをしてます。(PC版ならば右に、スマホ版ならば、記事下にリンクあり。)
今から断酒の仲間入りしませんか。コメント欄または、メールでどうぞ!

 

 ☆もんちさんへ

 ようこそ!断酒丸乗船名簿に追加しました!72番目の乗船者です。コメントの返信は、本日夕方~夜に書きますね!

 

 

*広告

 

↓↓↓※コメント欄は、承認制にしています。すぐには反映されませんが、必ず、読んで承認しますので、お待ち下さい<(.".)>

(まことに勝手ながら、コメント内容によっては、承認の前に、削除することもあります)

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》