酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

自分の時間、酒の時間(断酒2年325日目)

 人生とは、おぎゃぁーと生まれてから、息を引き取るまでの、旅だ。

 

 与えられた時間は、有限であるが、平等ではない。短い人もいる、長い人もいる。生まれてきた理由は分からないが、命ある限り自分の人生を生きる他ない。生きることを誰かが代わってくれることはあり得ない。

 

 この年になると、先の、自分にとっての残された時間のことを考える。

 

 と、今こうして考えているのは、素面の自分である。初老特有の物忘れがちょいと気になるけれど、クリアな頭である。

 

 アルコールが入ると、そもそも考えないし、考えたとしても、それを記憶していないから、つまりは考えたことにならない。酔っている時間は、酒の時間であって、自分の時間ではない。

 

 思い出してみるに、あの、アルコールが頭を支配していた酔っ払いタイムは、一体誰が自分の中で生きていたのだろうか。酒が自分を乗っ取って生きていたのであって、その間本当の自分は眠らされていたような気もする。この辺り、表現が難しい。

 

 酒の時間が自分の時間ではない証拠に、翌朝、痛い頭で反省すること頻りであった。二度とあのような飲み方をしないと、したくはないと、誓ったことが何度あったのか。酒の時間とは、酒に支配されてしまった、酒に奪われてしまった時間である。

 

 酒の時間から自分の時間に切り替わる内はまだ良いが、亢進すると酒に人生の時間全てを奪われてしまい、もはや切り替わらない。そうなると、死ぬまで飲み続けることになる。

 

 人生は、たぶん短い。年齢を重ねる毎に、時間の経過が早く感じられる。自分の時間をしっかりと生きて、悔いのない生活を送りたい。

 

 ここで、話はガラリと変わって、花粉症の私は、今日から急に症状が出て、悪化した。くしゃみ、鼻水、鼻詰まり、目が痒い・・・ついに、今年もやって来た!春は、近いな~

 

 

 

*広告

 

↓↓↓※コメント欄は、承認制にしています。すぐには反映されませんが、必ず、読んで承認しますので、お待ち下さい<(.".)>

(まことに勝手ながら、コメント内容によっては、承認の前に、削除することもあります)

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》