酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

強い意志で断酒できるか(断酒3年37日目)

 断酒ブログを書き続けていると、酒をやめたいけれどやめられない方から、たまにコメントが入る。

 

 多くの方、そして断酒初期の頃の私も誤解していたのが、

「強い意志があれば、断酒出来る!」

との、何だかとてもストイックっぽくて、やれば出来そうな!?、考え方。

 

 でもネ、これは、ダメなのだ。出来っこない!

 

 何故ならば、《断酒への意志》と、《飲酒への意志》との強度を比べると、後者のほうが断然勝るからである。

 

 《断酒への意志(>﹏<)》《飲酒への意志(*´﹃`*)》

 このくらい、大きさが違うのではないだろうか。

 

 そう、断酒したくてもなかなか出来ないのは、病気だからである。酒をやめられない病気、酒にすがってしまう病気、酒ばかり追い求める病気。

 

 試しに、何でもいいので、知っている病気、罹ったことのある病気をいくつか思い浮かべてみてほしい。

 

 私で言うなら、虫垂炎、中耳炎、顎の癌、うつ病、虫歯・・・これらが、《強い意志》で治癒しただろうか。

 

 虫垂炎は、手術が必要だったし、中耳炎は最初の医者が藪医者でこじらせてしまい、右耳の聴力を失ったし、顎の癌は形成外科で手術してもらったし、うつ病は精神科へ通院したし、虫歯はもちろん歯医者で治療した。 

 

 私が、飲みたい酒をガマンする辛い日々の中で学びながら、ハタと気付いたのは、《強い意志》で断酒など出来ないと言う、ごく当たり前の事だった。尤も、その前に、私には《強い意志》など生まれてからこの方存在したことが無いのだが。

 

 酒をやめられずに、自分の意志の弱さを情けないと思って、自己嫌悪に陥る方がいらっしゃるかもしれないが、意志の強弱は、不治の病(アルコール依存症)の治療には無関係だと、ここでお知らせしておく。

 

 私がこれまで何十冊と読んで来た、専門医の本でも、意志が強い人は断酒出来て、意志が弱い人は断酒出来ないなどとは、一切書かれていなかった。

 

 では、どうしたら良いか。

 

 先ずは、自分が病気(アルコール依存症)であることを認め、その病について徹底的に学び、かつ専門医に診察してもらい、自助の会(断酒会、AA)にも参加してみるなど、積極的に行動することだろう。

 

 それと、私が勧める、酒を大嫌いになる断酒方法も、試す価値ありだと自負している。一度嫌いになると、見るのもイヤになる。これは、本当。

 

 

 

*広告

 

↓↓↓※コメント欄は、承認制にしています。すぐには反映されませんが、必ず、読んで承認しますので、お待ち下さい<(.".)>

(まことに勝手ながら、コメント内容によっては、承認の前に、削除することもあります)

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》