読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

断酒か節酒か(断酒3年42日目)

 断酒か節酒か。

 

 これは、酒をやめたい人の永遠のテーマ(!?)かもしれない。結論はとうの昔に出ているのだが、自分だけは例外かもしれない、とネバって節酒を試みる(笑)

 

 数日前、Twitterに、ハッとさせられる文言が流れていた。断酒仲間をフォローしていると、彼等が発信してくれる情報が、私にはとても嬉しい。

 

 もし、Twitterアカウントをお持ちでないなら、アカウントを作って、断酒関連の人をフォローしてみると、たまにログインしてtweetを眺めるだけでも、断酒の助けになると思う。

 

 

 サバではなくて、フグ毒で例えて見ると、もっと切実で分かりやすいかな。

 

 フグのキモを食べて、入院して死にかけて助かった人が、あれはフグのキモが原因じゃなかったかもしれない、もう一度試してみよう、とは絶対に思わない。なのに、酒は、ひょっとしたら大丈夫かも、と試してしまう人が多い。

 

 そこまでして、自分の都合の良いように理由を捻り出して、つまり屁理屈を捏ねて、尚且つ自分を納得させて、飲みたいのが、なのだ!...が、その先は、既に分かっている。ひょっとして大丈夫・・・なわけがない!結局ズルズルと、元の飲んだくれ生活に戻るだけだ。

 

 断酒か節酒か。迷うこと自体がナンセンスであり、断酒出来ない人に節酒が出来るわけがなく、逆に、節酒出来る人には断酒が出来る。

 (もちろん、今断酒できている元飲んだくれが節酒出来る、と言う意味ではない。)

 

 この動画の中で、廣瀬久益医師は言っている。

 

 「断酒に勝る節酒なし」と。

 

 youtubeには、廣瀬久益医師のアルコール依存症に関する有益な講義が他にも数多くUPされており、聴講してみると、一々なるほど、と腑に落ちる部分が多くある。

 

 「ノンアルコールビール」は大丈夫か?

 「アルコール依存症と宴会」

 「3日、3週、3ヶ月、3年」

 「離脱症状」

 「酒害者と暮らす家族」

  他にも、沢山UPされている。

 

 この先生は、アルコール依存症の治療歴30年だそうだ。お時間有る方は、是非、ご覧頂きたい。

 

 

 

*広告

 

↓↓↓※コメント欄は、承認制にしています。すぐには反映されませんが、必ず、読んで承認しますので、お待ち下さい<(.".)>

(まことに勝手ながら、コメント内容によっては、承認の前に、削除することもあります)

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》