読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

結局飲んでしまう?(断酒3年49日目)

 酒を断とうと志し、実際に始めては見たものの、1週間も持たずに飲んでしまう人も多いだろう。

 

 何度も何度もしつこく書いているけれど、酒をやめたくても中々やめられない人は、酒に対する認識を180度変えなければならないと思う。

 

 酒は、堂々と売られているけれど、飲酒に問題を抱えている人には、《飲み物》ではなくて、《薬物》なのである。

 

 私は、努力して酒を大嫌いになった。もし、酒を好きなままでいるとしても、自分の大好物の酒という飲料は、実は薬物エタノール(アルコール)なのだ。このことを、きちんと学んで頭に叩き込む必要がある。

 

 エタノールに関して、一体どんな化学物質で、人体にどんな影響を及ぼすのか、自分できちんと調べるの一番良い。もちろん素面の時に。

 

 口から入った酒は、肝臓でその主成分エタノールが分解されるが、処理しきれない分は、血液に入り全身を巡る。エタノールの血中濃度は、身体の大きさや、体液の量や、アルコール分解酵素の活性度合いによって、全く異なるので、同じ量を飲んでも、平気な人もいれば、ぶっ倒れてしまう人もいる。

 

 自分が好んで飲んでいる酒と言う名の液体は、薬物だと、自分に良く言い聞かせ、もしやめるのにかなりの困難を伴うのであれば、自分ひとりでもがいてもダメなので、自分がアルコール依存の病気であることを認めた上で、医療機関、自助の会に助けを求めるのが一番だと、私は思う。

 

 エタノールの脳への薬理作用は、調べれば調べるほど、自分の経験や、世に数多く起きている飲酒絡みの事件などと、照らし合わせてみると、如何に恐るべきものか、鳥肌が立つくらいだ。

 

 私は、飲酒時代、自分自身が気軽に酒を飲んでいたわけだが、今では酒を飲んでいる人を見ると、目を背けるようになってしまった。それが、缶ビールとか缶酎ハイ程度の、アルコール度数の低いものであっても。

 

 酒の中に入っている薬物は、エタノール(アルコール)である。それは、人体に害を及ぼすことが分かっている。

 

 ----*----*----*----*----*----*----*----*----*

 

 Happy!《読者通信》にNoSakeさんから2通メール便が届いてました。

 

readers.hatenablog.com

 

readers.hatenablog.com

 

 

*広告

 

↓↓↓※コメント欄は、承認制にしています。すぐには反映されませんが、必ず、読んで承認しますので、お待ち下さい<(.".)>

(まことに勝手ながら、コメント内容によっては、承認の前に、削除することもあります)

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》