酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

なぜやめない?(断酒3年60日目)

 昔も今も、有名人が飲み過ぎて色々とやらかしては、マスコミの餌食となって、その顛末が大々的に報道されている。

 

 これまで、沢山の方の釈明会見やら、反省の弁をニュースなどで見て来た。殆どの人は、

「これからは気を付けます。」だが、

中には、

「禁酒します」と言う人もいる。

だが、

「断酒します」と言う人は、寡聞にして知らない。

 

 「禁酒します」の人は、ほとぼりが冷めた頃、長くても1年もすれば、いそいそと、また飲酒を再開する。

 

 命の危険を体験しても尚、酒をやめようとはしないのだ。

 

 などと、書いている私だが、大失態を何度も演じ、一歩間違えば命も危なかったかもしれないのに、禁酒すらしようとせず、31年間飲み続けていた。

 

 本当に素朴な疑問だが、なぜやめないのだろうか?

 

 酒は楽しい飲み物、と言う刷り込みがあるから。

 酒は私たちの心の中では、例外中の例外の飲み物だから。

 酒は悪くない、自分の飲み方が悪いので正せば良いから。

 酒をやめるなんて、考えられないから。

 酒を飲む楽しみを、奪われたくないから。

 

 結局、脳に網の目のように、酒が張り巡らされており、金太郎飴の如く、飲んだくれの脳は、どこをスライスしても、《飲酒している楽しい自分》が刷り込まれているのだ。これは、ある種強力な洗脳状態と言える。

 

 このままでは、自分は酒に破壊されてしまう。もう、飲むわけには行かない。

 

 この思いが湧き上がって来たときが、チャンスだ。節酒でも禁酒でもなく、断酒。これしか残された道は無い。

 

 しかし、実はこの断酒の道は、末広がりの、明るい道。飲み続けた場合の尻すぼみの、暗い道とはえらい違いである。ここのところが分かれば、断酒も楽しいものとなる。

 

 

 

 

*広告

 

↓↓↓※コメント欄は、承認制にしています。すぐには反映されませんが、必ず、読んで承認しますので、お待ち下さい<(.".)>

(まことに勝手ながら、コメント内容によっては、承認の前に、削除することもあります)

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》