酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

自分を受け入れる(断酒3年61日目)

 文藝春秋を読んでいたら、世界で最も貧しい大統領と形容される、ウルグアイのムヒカ元大統領の言葉が載っていた。


 「貧乏な人とは、少ししかものを持っていない人ではなく、無限の欲があり、いくらあっても満足しない人のことだ。」

 

 この言葉で、今までブログに何度か書いて来た、

「吾唯知足(吾唯足るを知る)」「少欲知足」「多財餓鬼」

を思い出し、真実は国に関わらずこの地球上で同じであることを確信した。

 

 行動面では、禅で、「即今・当処・自己」と言い、たった今・ここで・自分が出来ることを精一杯やる、やり遂げること。これが、大事だと。

 

 酒の世界に逃げたい心理は、このたった今現在の自分を認めず、他にもっと良い、理想的な自分がいるはずだと思い、手っ取り早くアルコールの力を借りて、ワープして、誤魔化してうやむやにしてしまう。フタを開けてみれば結局、逃げた本人は、酒を飲んでいるだけで何もしていない。

 

 心が辛い。向き合いたくない。ならば手っ取り早く薬物効果で楽な心理状態になろう。それで酒を飲む。含有されているエタノールが遺憾無く効果を発揮し、別世界へと誘ってくれる。

 

 こんなお手軽な方法で、いつまでも逃げまくっていれば、いつか破綻が生ずるのは当たり前の話だ。何故かと言えば、根本的には辛い心の原因と向き合っていないからである。

 

 先ずは、酒を飲んでいない、素面の今の自分を、《丸ごと受け入れる》こと。これが一番大切だ。自分で自分を認めないで、どうする、と言ったところ。

 

 これじゃいやだ、こうなりたい、あの人はいいな、自分はダメだな・・・こう言った考え方は捨て去り、今の自分を受け入れ、《即今・当処・自己》たった今、ここで、自分が出来ることを淡々とやる。これしかない。

 

 アルコールの薬理作用でトリップしても、醒めれば現実に戻ってくるだけである。酒は不用&不要と己に言い聞かせ、飲まない日々を楽しもう。 

 

 ※不用&不要について

不用

 使わない、役に立たない、無用。

不要

 必要がない、いらない。

 

 

 

*広告

 

↓↓↓※コメント欄は、承認制にしています。すぐには反映されませんが、必ず、読んで承認しますので、お待ち下さい<(.".)>

(まことに勝手ながら、コメント内容によっては、承認の前に、削除することもあります)

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》