酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

飲ませたい世の中に抵抗する(断酒3年91日目)

 昨夜(2016/6/12PM)21時からの、「モハメド・アリvsアントニオ・猪木」の番組をご覧になった方はいらっしゃるだろうか。

 

 ちょうど私が中学3年生だったと記憶している。あれからもう40年も経つわけだ。中学生の私の記憶では、せっかく観たのに、つまらなかった。だが、昨夜同じものを観て、全く違う印象だった。

 

 アリが闘いながら放つ言葉が、映画の字幕のように翻訳されていたので、分かりやすかった、と言うのが大きいし、当時の裏事情が関係者から明かされて、それを知った上で観たので、とても興味深く最後まで観ることが出来た。

 

 と、前置きはこのぐらいにして、書きたかったのは、この40年前の異種格闘技戦についてではなく、滅多にテレビを見ない私が面食らった、合間のしつこい酒のCMだった。主にビールだ。

 

 よく、コメントを下さる方や、ブログを書かれている方が、酒のCMに怒りの言葉を発しておられる。昨夜のCMを見て、私も全く同感だった。

 

 夏は暑い。喉が渇いたら、冷えたビールがうまいぞ。歯並びの良いタレントが大口を開けて、うまそうに飲んで、プハーッとかやっている。これでは、断酒直後の人には拷問だね。

 

 ここまでして飲ませたいの?

 

 タバコはCMが全面禁止になっているのに、酒のCMは野放し。タバコより酒のほうが実害は大きいはずだが。

 

 世の中、おかしいのだ。酒を飲まないと決めた人は、この、どうしても酒を飲ませたい、飲ませようとするおかしな世の中に、抵抗し逆らわなければならない。

 

 CMだけではない。ドラマでも、旅の番組、グルメの番組でも、当たり前に酒が出て来る。私は殆どテレビを見ないが、家族が見ている所をたまに通ると、色んなシーンで酒が当たり前に出ていて、呆れる。

 

 今年の夏は、史上最高の暑さになると言われており、梅雨が明けていざ、ギラギラの太陽が連日顔を出すようになったとき、断酒初年度の方は、いきなり試練かもしれない。

 

 シュワシュワ系のアルコール飲料のCMやらポスターやら、それにコンビニの陳列棚、歩きながら飲む人、職場の飲み会・・・等々、刺激が強すぎるかも。

 

 どうか、今から心構えを!

 

 

 

*広告

 

↓↓↓※コメント欄は、承認制にしています。すぐには反映されませんが、必ず、読んで承認しますので、お待ち下さい<(.".)>

(まことに勝手ながら、コメント内容によっては、承認の前に、削除することもあります)

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》