酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

酔っ払いと距離を置く(断酒3年103日目)

f:id:anomiyakun:20160625185459j:plain

 最近、結構ハマっている海釣り。

 

 今日は、ひとりで行って来た。と言うわけで、とら師匠に、先ずは報告。。。↓こんなん釣れました。とら師匠なら、魚の名前分かるかなぁ~(知ってたら、達人級だそうで)。。。因みに、私は分からず、釣りの仲間にLINEで聞いて、やっと判明。

f:id:anomiyakun:20160625185526j:plain

  

 で、結局、当たりはあるものの、エサを取られるばかりで、これ1匹で終了。あまり長居しなかったのには、訳がある。

 

 すぐ近くが、バーベキューの出来る公園で、そこには、沢山のグループが集まり、煙もうもう、アルコールドバドバ、歓声キャーキャーの宴が繰り広げられていた。

 

 イヤな予感はしていたのだが、案の定、暫くすると、出来上がった酔っ払いたちが私の方へ近付いて来る。それにしても、酔っ払いって、誰も彼も何故こうも、馴れ馴れしいのだろうか...

 

 ...こんなことを書いている私も、実は酔っ払うと、誰にでも親しく話しかけていた。馴れ馴れしくなるのは、アルコールが理性を司る大脳を麻痺させるからである。

 

 さて、先ず登場したのが、中年の男性の酔っ払い2人組。1人が、私のもう1本の釣り竿が置いてあるところで立ち小便をしようとする。

 

 「そこ、私の釣り竿があるんで、やめて下さい!」と私。

 「あ、あぁ、わりぃーな」と酔っ払いは、不機嫌そうな顔で、「ここなら、いいか?」と、なんと、1メートルくらい横にずれただけで、じょぼじょぼと、自分の竿(!?)から出し始めた。 

 

 (かんべんしてくれぇ~!)と内心思いつつも、気を取り直して釣りを続けていたら、次に登場したのは、缶ビール右手、タバコを左手の爺さん。おいおい!一体どこから出て来たんだ!

 

 スルスルと私に近づいて来て、酒臭い息とタバコの煙を吐きながら、ペラペラと喋り出す。近くに住んでいるだの、前は良くイワシが釣れただの、あんたどこから来ただの、季節によってはサヨリが釣れるだの...仕方なく相槌を打っていると、釣りに集中出来ない。この酔っ払い爺さんは、30分くらい、私にまとわりついていた。

 

 酔っ払いは、本当に手に負えない。

 

 (かんべんしてくれぇ~!)

 

 と言うことで、バーベキュー会場では続々と酔っ払いが製造されており、また別の酔っ払いが来そうだったので、早々退散して来た次第。

 

 「酔っぱらいを見る = 過去の自分を見る」←こういうこと。だから、ますます酒そのものと同様、酔っぱらいとも距離を置きたくなるのである。

 

 

 

*広告

 

↓↓↓※コメント欄は、承認制にしています。すぐには反映されませんが、必ず、読んで承認しますので、お待ち下さい<(.".)>

(まことに勝手ながら、コメント内容によっては、承認の前に、削除することもあります)

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》