酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

次のステップは二刀流!?(断酒3年114日目)

 今日は、断酒と禁煙の二刀流について。

 

 二刀流。そもそもは、宮本武蔵の二天一流。私は中学生の時に、吉川英治の「宮本武蔵」文庫本全6巻を読んだ。ちょっと難しかったけれど、感動した。

 

 何故こんな話題になったかと言うと、コメント欄に、もうひとつの大衆的な薬物「たばこ」をやめる禁煙についてのやり取りがあったので。

 

 たばこ、酒、両方とも断った私の経験からすると...

 ☆どちらがやめ易いのか?

 ☆どちらから先にやめたほうが良いか?

 ☆両方同時にやめるのはどうか?

などについては、何とも答えられない。

 

 何故ならば、禁煙、断酒とも、非情に厄介だからである。たばこはたばこで苦労したし、酒は酒で落ち着くまで、これまた大変だった。

 

 もちろん、酒は飲むがたばこは吸わない、或は、たばこは吸うが酒は飲まない人ならば、やめるのは一つだけだ。両方やってる人でも、大丈夫!私でも、結果的に両方ともやめることが出来たのだから。

 

 ところで、酒・たばこそれぞれ、やめることの表現方法だが、酒に関しては、《禁酒》、《断酒》と二通りある。が、たばこに関しては、《禁煙》とは言うけれど《断煙》はあまり聞かない。

 

 関連して、断酒の自助の会は、日本全国にあって、断酒した人たちが活動しているが、禁煙に関しては、断酒のような自助の会は聞かない。矢張り、依存の重さ、病的な状態などを勘案すると、同じ大衆的な依存性の薬物ではあるが、酒の方が遥かに厄介な代物だと言える。

 

 これら二つの厄介な大衆的薬物を、同時ではなくても良いから、ひとつずつ捨ててみれば、ある日、とても身軽になった自分に気付くだろう。丸で空だって飛べてしまいそう。

 

 禁煙と断酒で二刀流。右手から手放した毒はタバコ、左手から手放した毒は酒。

 

 今、断酒されている方で、喫煙中の方は、ある程度断酒が落ち着いて来たら、是非とも禁煙へのチャレンジを!既に禁煙は成功していて、今断酒に取り組みちゅうの方は、更なる精進を!因みに私は、禁煙が先だった。

 

 今日のお題の「二刀流」は、禁煙して、断酒もしている夢子さんとのTwitterでのやり取りから出て来た。

 

 こちら、夢子さんのブログ。

 

 『夢子の禁酒禁煙ブログ 』 

 

 

 

*広告

 

↓↓↓※コメント欄は、承認制にしています。すぐには反映されませんが、必ず、読んで承認しますので、お待ち下さい<(.".)>

(まことに勝手ながら、コメント内容によっては、承認の前に、削除することもあります)

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》