酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

飲めば飲むほど喉が渇く件について(断酒3年121日目)

 太陽は殆ど顔を出さず、曇り空からたまにパラパラっと雨が落ちて来たが、今日は朝からずっと蒸し暑かった。

 

 こんな陽気では、思い出されるのは、あの、泡の帽子を被った黄金の液体=ビールですなぁ。しかも、ギンギンに冷えたやつ。店によっては、ジョッキを冷凍庫で冷やしており、そこに注いでくれたりする。

 

 アルコールに関して無知だったのんべー時代、ビールは、渇いた喉を潤す最高の飲み物だと信じて疑わなかった。生にしろ、瓶にしろ、缶にしろ、容器の違いはあるにしろ、夏の暑さを肴に、それはそれは大量に飲んでいた。

 

 トイレに頻繁に立ち、身体から排出されてしまったその分をまた飲む。当時は、酒を飲むと何故にトイレが近くなるのか、考えたことすらなかった。今ではちゃんと分かっている。アルコールの利尿作用である。

 

 アルコールの利尿作用については、これまで何度も何度も書いて来ているが、泡々したやつが幅を効かすこの季節、書かずにはおれない。

 

 ビールに限らず、アルコール飲料はどんな種類でも、飲めば飲むほど喉が渇くのだ。てっきり渇いた喉を潤すとばかり思っていたが、それはとんでもない話で、実は、水分はどんどん体外に尿として排泄され、体内に残る液体は、肝臓の解毒処理を待つアルコールなのである。

 

 飲めば飲むほど喉が渇くので、また飲むが、アルコールばかりが身体に残り、脱水症状に陥る。翌日の酷い二日酔いのからくりは、これである。気持ち悪くて吐き気が襲うが、身体には水分が足りず、やたら喉が渇く。

 

 そんなわけで、こんな日は、喉が渇いたら、本当は常温の麦茶が良い。冷えた麦茶でも、良いかな。あまり飲み過ぎると、お腹壊すかも...でも、翌日まで残るようなことは無い。白湯も結構イケる。どうしても冷たいのが飲みたければ、氷を多めに入れたグラスに、水。これもイケる。

 

 断酒した人には、どんなに暑い夏だって、飲めば飲むほど喉が渇く摩訶不思議な飲み物なんて用は無いのだ。健全である。

 

 

 

*広告

 

↓↓↓※コメント欄は、承認制にしています。すぐには反映されませんが、必ず、読んで承認しますので、お待ち下さい<(.".)>

(まことに勝手ながら、コメント内容によっては、承認の前に、削除することもあります)

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》