読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

酒への思いを断つには(断酒3年126日目)

 魔性の飲み物《酒》。これに魅入られるや、人はある種の洗脳状態に陥る。

 

 飲酒教と言っても過言ではない。宗教の多くが、毎日祈りやお経を唱えるように、飲酒教の信者は、毎日過剰な飲酒を繰り返す。飲酒の御利益は、酔いによる精神変容のみで、更に飲酒量が増すと、味わった酔いの倍返しで、不幸をもたらすと言うのに。

 

 この、酒への思い入れは、並大抵の努力では打ち消すことが出来ない。脳が、酒の鎖で雁字搦めにされている。酒が頭から離れない。飲まずにはいられない。

 

 酒が大好きで、毎日尋常でない飲酒を繰り返している人には、酒をやめるなどという選択肢は、無い。が、極一部の人は、問題に気付き、やめることを考える。断酒の実践に踏み切る人は、更に少ない。その上に、断酒を継続出来る人は、もっと少ない。

 

 酒への思い入れが強すぎるのだ。酒なしの生活など考えられないのだ。毎日飲んで、アルコールによる浮揚感を楽しみたい。だから、酒から離れることなど、とんでもない話で、最終的には重度のアルコール依存症患者になる。

 

 この、酒への思いを断つことさえ出来れば、酒を飲まない生活が苦ではなくなり、その内に当たり前になる。尤も、酒への思いを断つことがたぶん出来た私も、相変わらずアル中である。ひょんなことから一滴でも飲めば、戻ってしまうことは、重々承知だ。

 

 いつも私が主張していることの繰り返しになるが、酒への未練を断つこと、これが断酒の継続の秘訣だ。嫌いになっても良いし、愛想尽かしでも良い。自分なりの、自分に合った方法で、酒と距離を置くのが一番だ。

 

 以前も書いたけれど、私の方法は、「飲まないと決めた酒ならば、大嫌いになってやれ!」だった。過去形なのは、大嫌いになったが、今では、好き嫌いの範疇を越えたからである。

 

 嫌いになると、断酒は楽だ。だが、嫌いの先があって、今の私は、酒を最早《飲み物》とは位置付けておらず、扱いは《危険物》である。自分の身体の中に入ると、爆発する危険物。

 (酒が危険物と言うのは、飽くまでも、私の身体に対してであって、あなたの身体にとっては百薬の長かもしれないし、人生の潤滑油かもしれない。この点、誤解無きよう願いたい。)

 

 いつまでも未練たらしく酒への思いを引き摺らないで、スッパリと断ち切る工夫をするのが、断酒の急がば回れだ。

 

 参考までに、私の取った方法は、約2年前(2014/7/30)の次の記事に書いてある。


 『私の酒のやめ方(断酒1年138日目)

 

 

 

*広告

 

↓↓↓※コメント欄は、承認制にしています。すぐには反映されませんが、必ず、読んで承認しますので、お待ち下さい<(.".)>

(まことに勝手ながら、コメント内容によっては、承認の前に、削除することもあります)

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》