読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

酒よ!忘却の彼方に(断酒3年131日目)

 昨日の件(ブログ更新忘れ)で感じたこと。

 

 断酒は、継続してさえいれば、心理的な酒へのスタンスは段階的に進み、忘却に至る場合もあるみたいだ。

 

 もちろんこれは、たったひとり、私の経験だけなので、断酒した人が全てそうなるなどとは思わないし、そうではないかもしれないけれど。

 

 深夜0時頃の真夜中に、焦って自分の「油断」についてブログを書きつつも、心の中は実に愉快・爽快・欣喜雀躍であった。何故と言うに、ついに酒にしてやったりの一日を送ることが出来たからだ。

 

 「酒よ!忘却の彼方に」

 

 《忘却》とは、すっかり忘れてしまうこと。綺麗さっぱり忘れ去ること。

 《彼方》とは、話し手・聞き手の双方から離れた場所・方向。現在から遠く離れた過去・未来。ある物に隔てられて見えない場所・側などをさす。向こうがわ。

 

 断酒断酒と騒いでいる内は、まだまだ酒に頭が支配されていたようで、嫌いだ大嫌いだ酒なんて!と吠えていた頃は、実はまだまだ酒に未練があったようで、過去のブログを読み返すと、それが良く分かる。

 

 本当に不要・不用となれば、浮かんで来ないのである。見ても何も感じないのである。

 

 ただ、タバコも酒も、その悪臭にはとても敏感になり、喫煙者や酔っ払いは、風の流れにもよるが、かなり離れていても即座に感知し、見分けることが出来る。これらの悪臭を放つ者どもとは関わりたくないので、接触を避ける。

 

 タバコの煙(主流煙、副流煙、衣服や身体に付着した悪臭)、酒に含まれるエタノール(そのもの、吐き出される呼気、吐瀉物)の悪臭。臭いさえイヤならば、現物も見たくはない。

 

 尤も、これらの合法的薬物とは距離を置いているので、鼻腔にそれらの悪臭が侵入せず、視界にそれらの姿が入って来ない日は、すっかり忘れている平和な一日となる。

 

 わざわざカネを払って買い求め、毎日吸ったり飲んだりしなければならない身体に自ら仕立て上げ、今度はそれらをやめたいのに、出来ずにもがき苦しむ。タバコも酒も、やめるのに大変な苦労をしたので、その測り知れないバカバカしさが良く分かる。

 

 今や、私にとっての鬼門は、喫煙所、酒場。生理的に近づけない。

 

 

 

*広告

 

↓↓↓※コメント欄は、承認制にしています。すぐには反映されませんが、必ず、読んで承認しますので、お待ち下さい<(.".)>

(まことに勝手ながら、コメント内容によっては、承認の前に、削除することもあります)

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》