酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

飲めば一瞬、やめて一生(断酒3年138日目)

 NoSakeさんに言われて、気付いてみれば、今日(2016/7/30)で、酒を断ってから、

 

 1234日目

 

となった。

 

 ただ数字が並んだだけだが、何だか長かったような、短かったような。3年前の3月15日が初日で、365+365+366+138=1234。去年から今年にかけての1年は、閏年で、2月が29日まであるので、366だ。NoSakeさんに、次は12345日を目指して!と言われたが、単純に計算して、あと30年掛かる(笑)

 

 さて、今日の本題。

 

 断酒ブログで、かつ毎日更新していると、似たようなことを何度も書いているし、それでも書きたい。

 

 今日のテーマも、これまで何度も書いて来たことだ。何が「飲めば一瞬、やめて一生」なのかと言えば、幸福感とか心地良さだろうか。

 

 酒を飲めば、酔うことにより、人生の長さからすれば、ほんの一瞬の間、幸福感に包まれる。長くても数時間だろうか。エタノール効果が切れて来るころには、味わった気持ち良さの倍返しで、不快感が襲って来る。

 

 酒をやめれば、安定するまでの1年間くらいは己との格闘が続くけれども、それを過ぎれば、何とも言えない心地良さが待っている。本当かよ?と疑う方は、ダマされたと思って、先ずは1年間酒を断ってみてほしい。

 

 その試しに酒を断つ1年間の間に、失うものは何も無いはずで、それどころか得るものの方が多いことだろう。何の苦痛も感じないで1年を過ごすことが出来る人は、そもそも断酒の必要がない人だろう。だが、酒を断つ決断をし、実際に断っても、多くの人は、かなりの苦痛に辟易し、飲む理由を捻り出し、途中で飲んでしまうことだろう。

 

 飲まない苦痛から逃れられるのは、飲んでアルコールが脳に回った一瞬だけなのだが... 

 

 さてさて、釣りのとら師匠に、釣行と釣果の報告をば。

f:id:anomiyakun:20160730171602j:plain

 

 本日は、朝の涼しい時間帯に、月島へ行き、ハゼの浮き釣りをして来た。大きくても10cmぐらい、小さいのは7~8cmだが、ピョコピョコ動く浮きがおもしろくて、ついつい長居をしてしまった。

f:id:anomiyakun:20160730171621j:plain

 

 カニも釣れたよ~ん。遊んでから、逃がした。これ、詳しい知人に聞いたら、イシガニか、ノコギリガザミの小さいやつかも。

f:id:anomiyakun:20160730090935j:plain

 ものの2~3時間で、小さいハゼが30匹釣れた。今晩のおかずだ。

f:id:anomiyakun:20160730105530j:plain

 ハゼ君、何か訴えている...

 

 

*広告

 

↓↓↓※コメント欄は、承認制にしています。すぐには反映されませんが、必ず、読んで承認しますので、お待ち下さい<(.".)>

(まことに勝手ながら、コメント内容によっては、承認の前に、削除することもあります)

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》