酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

エタノールが混ざっていれば・・・酒!?(断酒3年154日目その2)

 今日、ネットのあるニュースで、はは~ん、やっぱり、と腑に落ちて、ちょっとクスッとした。

 

 それは・・・

 

 とある居酒屋チェーン店で、客に、計151杯分の、アルコール製剤割りの酎ハイを提供していたことが判明したそうな。

 

 店員のミスだと言うことで、店側は謝罪し、飲んだ客には返金に応ずるとのことだ。本来割る元が焼酎だったはずが、アルコール製剤になってしまっただけなので、健康に害はないそうだ。

 

 このニュースを読んで、飲んだくれ時代の私なら、何と言う事だ!と憤慨しただろうが、今の私は寧ろ、飲んだ客の側に視線を向ける。151杯提供されたと言うことは、1人2杯飲んだとしても約7~80人、もちろん1杯だけの人もいるだろうから、ざっと100人くらいの人が飲んだのかな。

 

 酎ハイの味は、すだち、スイカ、白桃おろし、レモン、ゆずはちみつ、ピンクグレープフルーツだったそうだ。

 

 割る元が、焼酎だろうと、食品添加物のアルコール製剤だろうと、主成分がエタノールなのは同じことで、これに上記のジュースのような味を付けて、「はい!酎ハイ!」と言って出されれば、「ん~!うまいな!」と、こうなってしまうのである。

 

 要するに、エタノールが混入しているものが酒なのだ。逆に言えば、味がどんなに近くても、エタノールが入っていなければ、酒ではない。

 

 酒を嫌いになろうと、好きなままでいようと、それはその人の考え方ひとつなので、自分のやり方で断酒をしてほしいが、酒そのものの正体とは、どんな高級な酒であろうと、何を原料にしていようと、どんな飲み方をしようと、ずばり、エタノールだと言うことを、きちんと認識する必要がある。

 

 酒が美味いのは、錯覚であって、何故酒を飲みたいかと、己に問うてみれば、実はエタノールで脳を麻痺させる感覚を味わいたいだけなのだ。それに尽きる。

 

 人を虜にして放さない魔力を持つ化学物質エタノール。これまでこの物質の作用により、何人の人が人生を台無しにしたのか。などと、グルグル回る地球を、遥か宇宙から眺めるような感覚で、考えてしまった。

 

 エタノール。飲む以外の用途で、活躍してほしい化学物質である。

 

 (※お知らせ・・・本日は珍しく2記事UPしたので、「断酒3年154日目その1」もあり!)

 

 (※お知らせその2・・・断酒マラソン参加者名簿、復活しました。参加希望の方は、断酒マラソンブログに表示されている項目[ハンドル名、性別、年代、断酒歴等々]をコメント欄に入れて下さい。)

 

 

*広告

 

↓↓↓※コメント欄は、承認制にしています。すぐには反映されませんが、必ず、読んで承認しますので、お待ち下さい<(.".)>

(まことに勝手ながら、コメント内容によっては、承認の前に、削除することもあります)

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》