読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

改めて思う酒の不思議(断酒3年157日目)

 石の上にも三年。

 

 更にプラスして、酒を断ってから3年と6か月目を過ごしている今、感じていることがある。

 

 何かと言えば、自分が断ち、それについて日々ブログを綴る、飲み物《酒》がとても不思議な存在に思えるのだ。

 

 いつも書いているけれど、もはや《酒》は私の中では飲み物ではない。強いて言えば、合法的薬物飲料か。もちろん、この位置づけは、私の中だけであって、多くの世の人には、聖なる飲み物なのかもしれないが。

 

 飲むと酔い、飲みすぎると泥酔し、碌なことがない。ならば飲まなきゃいいのに、ついつい飲みたくなり、気づいてみれば、いつか大反省した失態を繰り返している。エタノールに依存性があり、脳が快楽を求めるようになるから、やめられない。

 

 わかっちゃいるが、やめられない。飲み続ける。

 

 何のために?と己に問うてみても、確たる答えは返って来ない。例えば、体に良いからとか、飲まないと寿命が縮まるとか、あー、そりゃご尤もと頷ける答えは、絶対に出ては来ずに、ただ飲みたいから、と言うかなり曖昧な思いで飲んでいる。

 

 決して安くはない対価を支払い、時間を費やし、危険性の高い飲み物を飲み、自らをリスクに晒しつつも、リターンは大抵マイナスと決まっている。

 

 このように《酒》について冷静に分析してみると、飲み物としての《酒》の存在が、とても不思議なのである。

 

 ブログに沢山の断酒の仲間が集って下さり、それぞれの方の状況などをコメントで読ませて頂くと、飲酒歴も、断酒歴も、それはそれは人それぞれで、同じ人はいない。皆さん、自分だけの思いを秘めて、断酒に臨んでいる。

 

 しかも、皆さんコメント欄の文章はしっかりしているし、他の方への気遣いもバッチリで、思いやりもあって、温かい。なぜ、こんな良い方々が、《酒》にしてやられてしまったのだろうか・・・と考えると、逆に《酒》とはなんと不思議な飲み物なのだろうと、疑問が湧く。

 

 以前は、《酒》そのものを悪者にしていたが、断酒生活がかなり落ち着いた現在、《酒》に罪は無くて、飲む人の側に、飲んでいい人と、飲まないほうがいい人の二つのタイプがあるのだろう、と考えている。

 

 判定は至ってシンプルで、一度でも《酒》で問題を起こしたことがある人は、飲まないほうがいい人なのだ。以後、飲まなければ、酔うこともないので、少なくとも自らが原因となる酒害とは無縁でいられる。

 

 私などは、一度どころか、何十回《酒》で問題を起こしても、自分が飲まないほうがいい人間だと気づかなかった。それでも、何十回目かに、遅れ馳せながら気づき、こうして断酒することが出来ているわけだが。。。

 

 そこの、(私より)お若い人!

 

 酒は飲まないに越したことはない!断酒するなら、早ければ早いほど良い! 

 

 

*広告

 

↓↓↓※コメント欄は、承認制にしています。すぐには反映されませんが、必ず、読んで承認しますので、お待ち下さい<(.".)>

(まことに勝手ながら、コメント内容によっては、承認の前に、削除することもあります)

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》