読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

酒やめたいなら、酒の悪口療法!(断酒3年187日目)

 一昨日(2015/9/15)の記事『ノンアルコールビール談義』にコメント下さった、マサユキさん。

 

 先ずは、頂いたコメントを再録。

 

 ----------------------------------------
 のみすけさん、読者の皆様おはようございます。
 断酒マラソン参加者名簿3周目4・49歳・酒歴26年・埼玉県のマサユキです。
 のみすけさんの「酒の悪口療法」のおかげさまで今日9月16日で断酒3年経過しました??何十回もの失敗に終わった禁酒の時は頼みもしないのに勝手に飲酒欲求やノンアルコールを飲んだらまたアルコールを飲んでしまうのではないか等、色々な不安な感情が沸き起こりこの感情をどうしたらいいかに気を取られ結局感情に負けて呑んべえに引きずり戻されてました。
 のみすけさんのブログに出会ってからも飲酒欲求・不安の感情は起きていましたがその感情はどおするでもなく起きた感情のまま心の隅でゆっくりしてもらい、そこに毎日のみすけさんのブログから酒の本質・酒がしでかした悪行の数々を収集する方に夢中になっている内に心の隅にいた感情は挨拶も無く勝手に出て行ってました(笑)断酒半年位まではノンアルコールも飲まなかったのですが身内の不幸からくる不安で酔いつぶれたいと言う気持ちになり酒の代用品としてノンアルコールをがぶ飲みしてた時期もありました最近はたまにノンアルコール1缶位飲む時がありますし美味しいなと感じてますが「酒の悪口療法」でアルコールはもはや飲み物では無くなっているのでノンアルコールからは何も連想しません。
 のみすけさん、ありがとうございます感謝してます「酒の悪口療法」で1人でも多く方が酒と縁が切れますように。
 ---------------------------------------- 

 

 実際のやめ方は、

2014/7/30 
私の酒のやめ方(断酒1年138日目)

に詳しく書いてあるが、これを《酒の悪口療法》と名付けたのは、私ではない。コメントを下さった、sakeyametekireininaroukanyaさんである。この辺りの経緯については、 

2014/10/6  
酒の悪口療法!(断酒1年206日目)

に書いてある。

 

 どういう考え方に基づいて酒を断つのか、これが断酒を成功へと導く一番重要なポイントである。ドクターストップとか、家族や恋人に言われたからとかで、不本意ながら酒を一時的に断つ行為は、ここでは論外である。

 

 マサユキさんのコメントを読んで、おぉ!またひとり、《酒の悪口療法》の効果覿面であることを証明して下さる人が出て来たな!と、嬉しい限り。

 

 私はコレで酒を断つことが出来たので、《酒の悪口療法》は、綺麗さっぱり酒と縁を切るには最高の方法だと自負している。

 

 《酒の悪口療法》には後日談があって、何度も書いてきて重複するが、これによって酒が嫌いになり、断酒が安定し、更に時が経過すると、マサユキさんもおっしゃるように、酒はもはや自分にとっては飲み物ではなくなる。

 

 すると、心の中で何が起こるかと言うと、あれほど大嫌いで、悪口を並べ立てていた酒に対して、好きとか嫌いとかの感情がなくなるのだ。何故かと言うと、自分にとっては、飲料としては対象外となるから。

 

 アルコールが入っている飲料は、自分にとってはドクロマークの付いた、劇薬扱いだ。飲み物ではない。これは、意識改革がうまく行ったのだろう。暑い日に目の前で友人が生ビールを飲んでも、もう全然平気であり、寧ろそれをうまそうに飲んでいる人がとても気の毒である。

 

 ここで、念押しが必要なのは、酒が心の中で劇薬同様の存在となるのは、飽くまでも自分自身、その人本人の中だけであること。これは、食べ物や、テレビ番組や、その他何にでもある、好みの対象かどうかと全く同列の話だ。だから、他人に自慢したり、強要したりすることではない。

 

 自分の中で酒に対する認識の変化(180度の転換)が起きると、商品として売られている酒や、それをうまそうに飲んでいる人や、ポスターなどが目に飛び込んできても、「欲しい!」「飲みたい!」などの感情は湧かない。どちらかと言うと、「オェーーーッ!」が近いかも(笑)

 

 もちろん、酒を愛したまま断って、それがうまく行っている人もいるから、《酒の悪口療法》を押し付ける積もりは毛頭ない。

 

 ただ、こう言うやり方もあるし、私はこれで断酒がとてもうまく行っているし、マサユキさんのように、「私はコレで酒やめました」と言う方もいらっしゃるので、どうやって酒を断ったら良いか迷っている人には、《酒の悪口療法》をお勧めする次第。

 

 

 

*広告

 

↓↓↓※コメント欄は、承認制にしています。すぐには反映されませんが、必ず、読んで承認しますので、お待ち下さい<(.".)>

(まことに勝手ながら、コメント内容によっては、承認の前に、削除することもあります)

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》