酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

酒やめて何か困ることは?(断酒3年221日目)

 やめてみて分かったことは、酒を飲まなくなっても、何も困らないこと。

 

 やめる前は、少々体調が悪くたって、飲むために、なんやかやと理由をひねり出しては飲んでいたし、断とうと思ったとき、ふと心を過ったのは、酒やめたら困ることが沢山出て来るのでは、と。

 

 困りごととは、具体的には、酒席で対人関係がマズくなるのでは、とか、常連だった飲み屋のマスターに会えなくなるとか、落ち込んだときに酒に逃げられなくなるとか、今考えると、逆に飲み続けるための理由だったような。

 

 私の場合だが、酒を断って何か困ったことが生じたかどうか。強いて言うなら、自分自身の内部で、酒を断ってから約1年間の飲酒欲求との闘いには困った。が、その他の困りごとなど、何も無かった。

 

 実際、困るのは、しつこく出て来る飲酒欲求くらいのもので、後は良いことばかりなのが断酒ではないだろうか。

 

 間違えてはいけないのが、飲酒の機会に、飲んでいる人に合わせて、自分も対等に飲まなければならないとの思い込みである。ここを間違うと、一人飲まないのが、飲んでいる人よりも立場的に劣るような錯覚に陥るのだ。

 

 そもそも、飲酒は、それを望む人だけがすれば良い行為であって、飲まない人・やめた人が劣等感を感ずるとしたら、おかしいのである。

 

 堂々と飲まない生活を送り、飲み会では胸を張って、酒以外のソフトドリンクを飲み、飲んだくれどもと丁々発止と会話のキャッチボールを繰り広げ、一次会でさっと帰ってしまえば良い。

 

 酒を飲んで困る人はあれども、酒をやめて(飲まずに)困る人は皆無のはずだ。

 

 今、酒を断ってらっしゃる断酒仲間の方々はどうだろうか。酒を断って何か困りごとが起きただろうか。

 

 

 

*広告

 

↓↓↓※コメント欄は、承認制にしています。すぐには反映されませんが、必ず、読んで承認しますので、お待ち下さい<(.".)>

(まことに勝手ながら、コメント内容によっては、承認の前に、削除することもあります)

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》