読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

思い出は美化される(断酒3年223日目)

 Twitterでやり取りしているツグミさんのtweetでハッとして、本日のタイトルに。

 

 

 飲んだくれ時代の良き思い出は美化されている。一方、悲惨な思い出は、風化しているのではないだろうか。

 

 tweet本文にある、「本当は酔っ払って同じ話し何回もしてるだけ」なのも、当たっている。これは、素面の自分がたまに飲み会に出て、酔っ払いを観察していると良く分かるのだ。彼等が実りある会話をしているとは思えない。それはつまり、過去の自分も同じであったと言うこと。

 

 昨夜は大いに飲み大いに語り合った(?)な〜と、二日酔いで吐き気と頭痛の状態で、一所懸命思い出してみても、さて、あんなに長い時間何を話していたのか、さっぱり記憶にない。なんてことばかりだった。

 

 一大決心して酒を断って、清々しい日々を送っているはずなのに・・・

 

 けれども、心の中で酒を追い求める心はこんなことを懐かしむ・・・

 

 一緒に飲んで色んなこと話して楽しかったな~

 酒飲むと腹を割って何でも話せたな~

 季節の料理をつつきながら飲む酒はうまかったな~

 

 未練たらたらの断酒なら、「もう、あの楽しい酒の世界は、思い出になってしまったのか。もう一度は無いのか・・・」との思いが何度も何度も脳裏を掠めるのではないだろうか。
 

 そして、飲む理由を探すために、過去の美化された思い出を手繰り寄せ、ひょっとして、飲まないでいることは、自分にとってデメリットなのではないかと、屁理屈をこねたりする。

 

 それはもちろん、飲酒にだって良い思い出があったに違いない。けれども、思い出すのも辛い悪い思い出が、今の断酒のきっかけになっているわけであり、今更良き飲酒の思い出に浸っても、無意味なのだ。

 

 未練を断ち切って、酒そのものから遠く離れて生きて行くのが一番良い。

 

 さてと、本文は短くこの辺りまでにして、昨日の続きのバラをどうぞ!

f:id:anomiyakun:20161022105452j:plain

(桃香)

 

f:id:anomiyakun:20161022105521j:plain

(インカ)

 

f:id:anomiyakun:20161022105606j:plain

(プリンセス・ミチコ)

 

f:id:anomiyakun:20161022105637j:plain

(プリンセス・オブ・ウェールズ)

 

f:id:anomiyakun:20161022105701j:plain

(ブルー・リバー)

 

f:id:anomiyakun:20161022105751j:plain

(熱情)

 

f:id:anomiyakun:20161022105827j:plain

(万葉)

 

f:id:anomiyakun:20161022105854j:plain

(緑光)

 

f:id:anomiyakun:20161022105912j:plain

(ソニア)

 

f:id:anomiyakun:20161022105951j:plain

(カトリーヌ・ドヌーブ)

 

f:id:anomiyakun:20161022110041j:plain

(ゴールデン・メダイヨン)

 

バラはまだまだあるので、明日のお楽しみに!

 

 

 

*広告

 

↓↓↓※コメント欄は、承認制にしています。すぐには反映されませんが、必ず、読んで承認しますので、お待ち下さい<(.".)>

(まことに勝手ながら、コメント内容によっては、承認の前に、削除することもあります)

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》