読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

断酒のプロフェッショナル(断酒3年225日目)

 プロ(プロフェッショナル)とは、本来は、その分野で生計を立てていることを言うそうだ。

 

 断酒のプロ(プロフェッショナル)を目指している私たちは、断酒で生計を立てるわけではないけれども、断酒を続けないと、酒害が災いして、生計が立たないことも確かである。

 

 こんな内容を思いついたのは、NoSakeさんの、

『ソムリエとバーテンダーには、アル中はいないそうです!(中略)きっと、これで食べていく、家族を養う「プロ意識」が、アルコールをコントロールさせてるのでしょうね』

とのコメントを読んだからである。

 

 あ~、「プロ意識」。これは、分かる。

 

 断酒にしても、どうせなら、意識の上で、アマチュアではなく、プロを目指したほうが良い。

 

 断酒のプロは、常に断酒を意識し、自分がアルコールに関してはアンコントローラブルであることを前提に行動するわけだ。何しろ、断酒には生活が懸かっているのだ。断酒を継続しないと、生活の全てが成り立たず、失われてしまうのであるから。

 

 私は断酒のプロである。と、日頃から自分に言い聞かせてみたらどうだろうか。

 

 断酒のことなら、私に聞いてくれ、と胸を張ることが出来るくらい、断酒について学べば、自ずと自分の断酒にも自信が持てるし、後発の断酒仲間からの相談にも、自分の経験や学んだ知識から、縦横無尽に回答が出来るだろう。

 

 将棋にしても、ゴルフにしても、テニスにしても、何にしても、プロは365日、自分の職業のことを考え、工夫し、勉強を怠らない。断酒のプロも、365日淡々と断酒を継続し、常に酒害について、アルコール依存症について、学び続けるのだ。

 

 私は、このブログを書き続ける。

 

 

 

*広告

 

↓↓↓※コメント欄は、承認制にしています。すぐには反映されませんが、必ず、読んで承認しますので、お待ち下さい<(.".)>

(まことに勝手ながら、コメント内容によっては、承認の前に、削除することもあります)

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》