酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

酔いのあとさき・その2(断酒3年235日目)

 痛ましい飲酒運転事故のニュースを目にしない日は無い。

 

 昨年(2015)の5月に大阪で起きた飲酒運転事故。26歳の女が、3人の人を死傷させた。内ひとり、24歳の女性が亡くなっている。これの、裁判員裁判のニュースを、動画と文章で見た。

 

 この、亡くなった女性の母親が、28日(2016/10)に、被告の女に直接問い掛けた。

 

 「一生償うことが本当にできるんですか?」

 

 これは、被告の女が、「少しくらいなら大丈夫という甘い認識で、過去に4~5回飲酒運転をしていた。本当に申し訳なく一生償っていこうと思う」との、弁護人質問に対する答えへの、問い掛けである。

 

 検察の求刑は、危険運転致死傷罪が成立するとして懲役9年だそうだ。


 償う、とは、goo辞書によれば、

    1 金品を出して、負債や相手に与えた損失の補いをする。弁償する。
    2 犯した罪などに対して、金品や行為でうめ合わせをする。

 

 失われた命を補い、弁償することは出来ない。

 失われた命を、金品や行為で埋め合わせることは出来ない。

 一生かけようと、宇宙開闢以来の年月をかけようと、絶対に失われた命を償うことは出来ない。

 

 酔いの後先(あとさき)。ここで、後先(あとさき)とは、時間的な意味である。これについては、2年前にも書いている。
 

 2014/10/02
 『酔いのあとさき(断酒1年202日目)


 酔う前、酔いたいから飲む。

 酔った後、アルコールが脳を支配している。

 この事実を前提に、酔いたいから飲むわけだが、酔った後の自分をよくよく考えてみれば、そもそも酒を飲むことが恐ろしくなり、背筋がゾクゾクしてくるのは、私だけだろうか。

 

 ほろ酔い程度でますますピッチが上がり、酔っぱらって記憶が無くなるわけだが、泥酔時の自分の言動は、自分で責任を持つことが出来ない。アルコールに支配された全くの別人格が勝手に行動している。

 

 先ほどは、飲酒運転事故のケースを述べたが、相手の身体ではなく、不本意な言葉によって心を傷つけた場合、これを償うことも難しい。一度失われた信頼は、取り戻すのが大変である。

 

 ならば、最初から、根本的原因の飲み物=酒を飲まなければ良い。飲んでいるなら、断てば良い。

 

 もしも、酒を断とうかどうしようか迷っている方は、このように、自分の酔いの後先(あとさき)を考えてみて、飲み続けるのか、断つのか、今決断してみたら如何だろうか。

 

 

*広告

 

↓↓↓※コメント欄は、承認制にしています。すぐには反映されませんが、必ず、読んで承認しますので、お待ち下さい<(.".)>

(まことに勝手ながら、コメント内容によっては、承認の前に、削除することもあります)

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》