酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

人生捨てずに酒捨てろ!(断酒3年246日目)

 「人生捨てたもんじゃない」

 「世の中捨てたもんじゃない」

 (捨てたものではない・・・役に立たないとして見限ることはない。まだまだ使い道がある。)

 

 何故こんなことを思ったのか…

 

 もう、人生の後半(どころか終盤!?)も結構過ぎたこの歳になって、日々が楽しいこと。それは、酒を断ったからこそであること。

 

 同じ言葉「楽しい」で表現しているけれど、酒を飲んで「楽しい」のと、酒を断って「楽しい」のとでは、その楽しさの質が丸で違うのである。全く違うのである。一方は、エタノールと言う化学物質が脳に作用して楽しいだけだ。もう一方は、薬物の助けなど借りずに、素のままで楽しいのだ。

 

 最近味わった楽しさは、酒を断って、3年と少しブログを書き続けて、私ではなく、ブログの読者の方からの働きかけでオフ会が実現し、コメント欄でしかやりとりしていなかった方々に会えたこと。会って楽しい人との出会いは、中々有るものではない。

 

 人生捨てたもんじゃないし、世の中捨てたもんじゃない。

 

 自分の人生は、役に立ち、まだまだ使い道がある。

 酒は、役に立たないとして見限り、使い道がないとして捨てるのがよろしい。

 

 (ここで、酒を捨てるのがよろしい、の意味は、自分の常習的飲料として捨てる、であって、調味料としては捨てない!うちは日本酒と味醂は調味料として常備している。たまに、ワインや紹興酒も使う。もちろん、使用時には、アルコールは十分に飛ばしている。)

 

 当たり前だが、酒を捨てたほうが良いのは、自分の飲酒に問題があると気づいた人。他人が気づいても、無意味であって、飽くまでも問題飲酒者本人が気づかないとダメだ。

 

 そういう人は、酒を捨てないと、人生を捨てることになる。

 または、そういう人は、酒を後生大事に抱え込み、人生を捨てて、生きる。

 

 どちらが良いだろうか。

 

 一大決心をして、酒を捨てて生きる人生、つまり断酒を選んだとしても、 たまに捨てた酒を拾ってしまうことだってあるだろうけれど、また捨てれば良い。何度拾っても、捨てれば良い。

 

 アルコールに依存し、離れられなくなっている人へ、声を大にして叫びたい。

 

 「人生捨てずに、酒捨てろぉ~~~!!」

 

 

*広告

 

↓↓↓※コメント欄は、承認制にしています。すぐには反映されませんが、必ず、読んで承認しますので、お待ち下さい<(.".)>

(まことに勝手ながら、コメント内容によっては、承認の前に、削除することもあります)

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》