読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

酒をやめて、いい夫婦になろう!(断酒3年253日目)

 本日11月22日(2016)は、語呂合わせの「いい夫婦の日」。

 

 「今日はいい夫婦の日だね。それじゃ乾杯!」なんて、ワインかなんか仲良く飲むいい夫婦もあるだろうし、仕方なく夫婦を演じているなんてこともあるだろう。

 

 夫婦のあり方は、千差万別。新婚さんもいれば、金婚式の夫婦だっている。

 

 どんなに長く連れ添っていても、いい夫婦になれないケースがある。夫婦のどちらか或いは両方ともが、かつての私のような飲んだくれの場合だ。

 

 パートナーの一方が問題飲酒者の場合、もう一方は、尻ぬぐいに回ることが多い。飲酒に関して自由奔放であっても、そんな暮らしが成り立つのは、支えてくれるパートナーがいればこそ、である。

 

 はっきりと言えば、アル中が酒を飲み続けた場合、いい夫婦になれる確率は極めて低いだろう。夫婦の関係がうまく行かない理由が酒であることも、飲酒者本人が気付かない限り、問題の解決には程遠い。薄々と自分の酒が原因だと分かっていたとしても、問題飲酒者は、飲み続けるケースが圧倒的に多い。

 

 断酒のことに気付いて、それを取り込んだ生活を実践しつつある夫婦は、それだけでまずは、幸せなのである。私もそうだった。酒を断つ苦しみは自分だけのものだが、酒を断つ楽しみは、自分にプラスして、配偶者、息子、娘、母、父、祖母、祖父、友人、知人・・・とその輪はどんどん広がる。

 

 これまで断酒で一体、何人の人が幸せになったのだろうか。その中でも、一体何組の夫婦が、明るくなったのだろうか。うちの夫婦が、そのうちの一組になったことは、間違いない。私が酒を断ってから、やっといい夫婦の仲間入りが出来たようだ。

 

 追記:

 逆に、断酒して不幸になった人、飲んだくれパートナーの断酒で不幸になる夫婦は存在するのだろうか。昨夜書いた自分の文章を読み返していて、こんな素朴な疑問が湧いた。

 

 もし、断酒が原因で不幸になった人や夫婦が存在するとしたら、そもそも、その不幸の反対、幸福とは何ぞやとの問いが覆いかぶさって来る。飲酒時の幸福とは、頭の中でアルコールが繰り広げていた幻想に過ぎない。もし、これが無くなったことを断酒の不幸と定義する人がいるなら、その人はまだまだ断酒の安定するまで時間が掛かりそうだ。

 

(子猫には、とても癒される。もし、飲んだくれを続けていたら、猫を飼うこともなかったと思うし、もし断酒しないまま飼っていたとしたら、酔っぱらって踏んでしまったり、何か酒のつまみを与えてしまったり・・・コワイなぁ)
 

 

 

*広告

 

↓↓↓※コメント欄は、承認制にしています。すぐには反映されませんが、必ず、読んで承認しますので、お待ち下さい<(.".)>

(まことに勝手ながら、コメント内容によっては、承認の前に、削除することもあります)

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》