酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

降る雪に浮かぶ未練の雪見酒(断酒3年255日目)

 今日(2016/11/24)は朝方から雨が雪に変わり、昼過ぎまで降り続いた。

 

 東京で11月に初雪が降るのは、実に54年振りだそうだ。更に、積雪となるのは、観測史上初とのこと。

 

 窓を開けて、降り続く雪を見たとき、真っ先に私の頭に浮かんだのは、なんと呆れたことに、雪見酒。まだまだ芯から酒が抜けていない証拠か。つまりは、酒に未練が残っているのか。

 

 で、浮かんだのが、タイトルの一句。

 

 『降る雪に 浮かぶ未練の 雪見酒』

 

 今や、酒を飲みたい感情は無く、例えば先日のオフ会のように、居酒屋で何時間談笑しても、大丈夫になった。周囲に酒を飲む人がいても、ジュースやウーロン茶などで、何時間でも相手が出来る。

 

 なので、「飲酒欲求は一生なくなることはない」との見解には、私は異論を唱える。飲酒欲求は、限りなくゼロに近づく。

 

 だが、私の心の奥底には、何やら言葉では表せないものが横たわっているようだ。これは、ずっとこれからも飼い慣らしてゆくより仕方ないようだ。

 

 これが、アル中になったら、飲み続けても、断酒しても、一生アル中と言うことである。但し、同じアル中でも、その後の人生については、飲むアル中と飲まないアル中のどちらかを選択出来る。

 

 私は飲まないアル中を選んだ。

 

 未練たらしいとか、未練を断ち切れとか、これまでブログに書いて来たが、酒への未練を完全に断ち切るのは、中々に難しいことである。

 

 酔いたい、とか、嫌なことを酒で忘れてしまいたい、とかではなくて、もっと単純に、今日のようにただ、酒が浮かぶことがある。これが未練なのか。

 

 昔、雪深い温泉で、本当に雪見酒をしたことがある。外は深々と雪が降り、寒いが、自分は温泉に身体を沈めて、熱燗をやる。考えてみれば、これもかなりアブナイ行為だったな~。

 

 

 

*広告

 

↓↓↓※コメント欄は、承認制にしています。すぐには反映されませんが、必ず、読んで承認しますので、お待ち下さい<(.".)>

(まことに勝手ながら、コメント内容によっては、承認の前に、削除することもあります)

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》