読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

酒をやめると世界が輝き出す(断酒3年284日目)

 過去のデジカメの写真を眺めていたら、あることに気付いた。

 

 酒を断った日から半年くらい、道端に咲く雑草や、目に付いた花や昆虫などを撮影しまくっているのだ。しかも、何種類ものデジカメで。

 

 思い返してみると、いきなり酒を断って、それまでの依存からの脱出の苦しみが半端ではなかったのだが、その一方で、視界に入る世界が、丸でこれまでとは別世界のように輝き出した。

 

 例えば、それまで気づきもしない、見向きもしない、歩いている足元に咲いている雑草の花とか、ひらひら舞う蝶とか、草木に憩う昆虫などが、色鮮やかに目に飛び込んで来た。昨日まで白黒だった世界が、いきなりカラーになったような、そんな感覚だった。

 

 それを証拠に、書き始めた頃のブログは、目に入った草花や景色や虫などの写真が満載だ。何かが、自分の中で変わった。対象物は何も変わっていないのに、受け取る自分の感性が変わったのだ。

 

 酒で酔うことによって、脳内で一瞬ぱっと花が咲くが、翌日まで持たずに枯れてしまう。本当は現実の世界にこそ、美しい花が沢山咲いているのに、見ようともしない。いつも、エタノールによる陶酔の世界に逃げこんでしまっているから、気付かない。

 

 実は、いつだって世界は輝いているのだ。でも、酒を飲んでエタノールに毒されてしまった目は、分厚いフィルターが掛けられているので、現実世界は灰色にしか見えない。

 

 酒を断つと、少しずつ、その分厚いフィルターが剥がれて、いつの日か、キラキラと周囲が輝き出す。私の目や頭のようにかなり薄汚れて曇っていた期間が長くても、断酒してみたら世界は輝きだした。

 

 あなたもきっと、酒を断てば、世界が輝きを取り戻すはずだ。

 

 2017年は、酒を断って、自分も輝き、世界も輝く。

 

f:id:anomiyakun:20161223204939j:plain

 猫のちーちゃんを遊ばせている時に偶然撮れた画像。PUMAのマークに似ていたので、「ちーPUMA」と名づけてみた(笑)

 

 

 

 

*広告

 

↓↓↓※コメント欄は、承認制にしています。すぐには反映されませんが、必ず、読んで承認しますので、お待ち下さい<(.".)>

(まことに勝手ながら、コメント内容によっては、承認の前に、削除することもあります)

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》