酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

断酒人生の後ろ向き・前向き(断酒3年306日目)

 昨日の記事へのコメントとのやりとりで、後ろ向き、前向きについて書いた。

 

 たまたま今読んでいる、

「あなたの夜を安らげる100の言葉(いろは出版)」

と言う本に、次の言葉が載っていた。

 

 「人生は、後ろ向きにしか理解できないが、前を向いてしか生きられない」

 (セーレン・キェルケゴール)

 

 この本には、色んな人の色んな言葉が掲載されている。その中で、人生の捉え方について、この言葉がとても気になった。

 

 自分の人生を振り返って、あれやこれや、成功したこと、失敗したこと、うまく行ったこと、だめだったこと、様々あったことが、これまでの自分を作って来たことが分かる。

 

 誰しも断酒に至る経緯として、過去に過剰飲酒・問題飲酒による人生の危機があったことだろう。それを掘り起こして、断酒の糧とすることは、重要である。

 

 ただ、それは、断酒の糧とはなれども、前を向いてしか生きられない人生の、燃料にはならないのではなかろうか。

 

 ここで、冒頭に紹介した本から、もうひとつの言葉を。

 

 「過去の歴史より、未来の夢のほうが私は好きだ」

 (トーマス・ジェファーソン)

 

 過去の歴史に学ぶことはとても大切なことではあるが、これから先、生きて行くには、夢が必要である。自分がどうなりたいのか、どうしたいのか。それを置き去りにして、過去を悔いて、二度と同じ過ちを繰り返さないことばかりに自分の心を向け過ぎるのも、何だか切ない。

 

 後ろ向きに学んで、前を向いて明るく生きて行く。このバランスがとても大事だと、私は思う。

 

 私も、断酒に至った日のことを、決して忘れない。飲酒欲求に悩まされることがなくなった今でも、夕方になれば思い出して、己を戒めている。それによって、ともすれば緩みがちな心を引き締めている。

 

 が、この己を戒めるのに必要なのは、時間にして数秒だろうか。一日の内で、何度か繰り返すこともある。過去の失敗が頭に浮かび、酒を断ったことを喜ぶ。ただそれだけだ。

 

 前向きにしか生きられないから、後ろ向きの反省は、一瞬である。

 

 もうひとつ、マザー・テレサの言葉を。

 

 「神様は私たちに、成功してほしいなんて思っていません。ただ、挑戦することを望んでいるだけ」

 

 酒を断って、心身ともにリフレッシュして、やりたいこと、やりたかったことにワクワクドキドキしながら挑戦すること。これが、前向きの断酒人生だ。

 

 

*広告

 

↓↓↓※コメント欄は、承認制にしています。すぐには反映されませんが、必ず、読んで承認しますので、お待ち下さい<(.".)>

(まことに勝手ながら、コメント内容によっては、承認の前に、削除することもあります)

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》