読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

酔っ払いはずるい(断酒3年317日目)

 酔っ払いはずるい!

 

 大日坂茶房さんから頂いたコメントで、はたと気付いた。これまで、ずっとブログを書き続けてきて、酔っ払いのずるさについては、これを直接の話題にしては書いたことがない。

 

 酔ってしでかした、悪いこと。私のは実にいろいろあって、いちいち書けないが、全て、後から、

「いやぁ~、あの時は、酔っていたので・・・」

と、一先ずは、酒の所為にしていた。つまり、飲んだ私ではなくて、飲んだ液体《酒》が全て悪い。私は酔っていて、記憶がない。

 

 新聞沙汰になった犯罪でも、容疑者の文句はいつも同じで、

「酒に酔っていて覚えていない」

である。

 

 確かに、酔ってしでかしたことに違いはないだろう。記憶にないのも事実だろう。何度も書いているが、アルコールが過度に流入することによって、脳の海馬が仕事をサボり、忘れる前に記憶されていないのだそうだ。

 

 だが、自分がやってしまったこと、それが現実であること、それは変えることが出来ない。それでも、シラフなら決して起こさなかったと言う考えがあるから、酔っぱらっていたことがいけない、と、酒を飲んで酔っていたことの所為にする。

 

 自分は悪くない、酒が悪い。

 

 酒にしてみれば迷惑な話で、己を失うまで飲んだのは、あんただろう!と、叫ぶだろう。ほろ酔い程度でやめておけばいいのに、自分が誰だか分からなくなるまで飲んで、挙句の果てに、他人を傷つけたりするわけである。

 

 日本では、酒を飲んでしでかしたことは大目に見る習慣がある。あ~、酒を飲んでいたから仕方がないな、とか。これほどおかしなことはないのだが。合法的な飲み物だからそんな話になるのだろうか。あ~、覚せい剤を使っていたから仕方がないな、とは決してならないのに。

 

 私はこのブログを書き始めた頃、それまでに酔っぱらって仕出かした数々の失敗・失態を、懺悔としていくつも記事にした。そうして、自分の過去をさらけ出して、反省の材料とした。

 

 当時迷惑を掛けた人、それは職場の人だったり、自分の子供だったり、かみさんだったりしたわけだが、謝るときはいつも、「酒に酔ってあんなことをしちゃって、ごめんなさい」だった。

 

 いつだって、酒の所為にしている。本当は、そうではないのだ。酒を飲んだこと、そのものが、悪いのだ。そのことに早く気付けば、もっと前に断酒していたはずだ。そもそも私には、ほろ酔い程度で飲酒を収めることが出来ないこと、これが一番の理由なのだ。

 

 私も飲んだくれ時代、いつも、何でも酒が悪い、酔っぱらったことが悪い、と、酒を飲んだことそのものを棚に上げて来た。朝、ひどい二日酔いで頭痛と吐き気に襲われても、あ~、飲み過ぎた、昨日飲んだ酒が悪い!であった。

 

 おいおい!飲んだ自分がいけないのであって、酒が悪いのではない。酔っ払っての言動は全て自分に責任があるのだ。記憶になくたって、車を運転しているかもしれないし、人を言葉で傷つけているかもしれないし、パワハラ・アルハラ・セクハラをしたかもしれない・・・

 

 それでも、酒に酔っていたことが免罪符になってしまう世の中なのである。そう言えば、《免罪符》で、以前記事を書いた記憶があり、探してみた。

 

 2014/12/3
 《酒には免罪符が付いているのか(断酒1年264日目)

 

 表現は違うが、酔っ払いのずるさについて、この頃既に義憤を感じて書いてた。

 

 事ほど左様に、酔っ払いはずるいのである。酔っ払いは狡猾である。酔っ払うまで飲んだのは自分なのに、酒に責任を擦り付けるのである。

 

 酔っ払いはずるい件について書き進めて来たら、ますます酒が嫌いになった!

 この件について、改めて気付くきっかけを下さった、大日坂茶房さんありがとうございます。

 

 

*広告

 

↓↓↓※コメント欄は、承認制にしています。すぐには反映されませんが、必ず、読んで承認しますので、お待ち下さい<(.".)>

(まことに勝手ながら、コメント内容によっては、承認の前に、削除することもあります)

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》