酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

飲酒欲求を飼い慣らせ!手懐けろ!(断酒3年320日目)

f:id:anomiyakun:20170128213939j:plain

 アル中(アルコール依存症・アルコール使用障害)は、否認の病(やまい)であると同時に、不治の病である。回復はあるが、治癒はない。

 

 時折湧き起こる飲酒欲求は、文字通り、丸で獅子身中の虫である。これさえ無ければ断酒は楽だろう。

 

 何かのきっかけで、ふとかつての飲酒を思い出し、酒を飲みたくなることがある。それは嬉しい時・楽しい時ではなくて、辛い・悲しい・怒りなどの感情の時に、出て来ることが多い。

 

 私はこの獅子身中の虫のことを、飲酒欲求の小悪魔と名付けている。この小悪魔くんは、一生我が体内から追い出すことが出来ない、つまり死ぬまで共生しなければならない。妙なやつに寄生されたものだ。

 

 腹にいる寄生中ならば、駆虫剤を飲んで体内から追い出すことが出来るが、飲酒欲求の小悪魔くんを駆虫する薬剤は無い。

 

 そこで、どうせ一緒に一生暮らさねばならない腐れ縁の飲酒欲求・小悪魔くんならば、飼い慣らし、手懐けてやるしかない。

 

 あまり嫌って遠ざけないほうが良い。何しろ、自分の心の中に棲息しているのだから。

 

f:id:anomiyakun:20170128214017j:plain

 

 (あ~・・・飲みたい・・・飲みたい・・・飲みたい)

 

 これが湧き起こったら、先ずは、やつが出て来たな、と認識することだ。これは、本来の自分の感情ではなくて、寄生してるやつの渇望である。先ずは、よしよしと、小悪魔くんの話を聞いてやる。

 

 それから、もう君の要求を受け入れることは出来ないと、懇懇と諭してやるのがポイントだ。自分の中にいる飲酒欲求の小悪魔は、時間と共に小さくなってゆく。私のはそうだった。

 

 イメージで言うならば、断酒直後、アフリカゾウくらいだったのが、どんどん縮んで、4年後の今では、ネズミぐらいになったかな。極たまにちょろちょろと出て来るけど、その存在はほぼ無視出来る。

 

 もし、飲酒欲求に悩まされているなら、一生添い遂げなければならない相手と割り切って、飼い慣らし、手懐けることを考えたほうが得策である。
 

 これも、断酒の一つの工夫だと思う。

f:id:anomiyakun:20170128214000j:plain

 今日は、かみさんとメトロ主催のウォーキングに参加して来た。新宿~中野そして、また新宿に戻るルート。12kmぐらい歩いた。

 

 あちこちで、梅が咲いていた。

 

 

 

*広告

 

↓↓↓※コメント欄は、承認制にしています。すぐには反映されませんが、必ず、読んで承認しますので、お待ち下さい<(.".)>

(まことに勝手ながら、コメント内容によっては、承認の前に、削除することもあります)

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》