読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

問題のない飲酒とは(断酒3年359日目)

 昨日、ボクシングジムで、私より10歳年上のOさんと少し酒の話をした。

 

 酒の話になったきっかけは、同じジムの関西弁のCさんの飲んだくれが止まらない件だった。そこにCさんはいなかったが、ドクターストップにも関わらず、酒をやめられず、命が危険水域に達しているのである。

 

 Cさんは、せっかく治した肝臓に異変が見られるのと、心筋に動脈硬化が見られ、心筋梗塞の発症の確率を少しでも下げたいなら、禁酒しなさいと、医者に言われているのに、どうしても過食と飲酒をやめることが出来ない。

 

 以下、Oさんとのみすけとの会話。

 

 Oさん:「Cさん、飲み過ぎだね」

 のみすけ:「確かに!私も飲み過ぎで、4年前に酒やめたんですよ」

 O:「へ~!」

 の:「Oさんは、どのくらい飲むんですか?」

 O:「オレはねぇ、1日2合だな」

 の:「毎日ですか?」

 O:「いや、毎日は飲まないな~」

 の:「日本酒?」

 O:「日本酒が多いね」

 の:「そのくらいだと二日酔いなんてないですね」

 O:「二日酔いはここ2~30年経験ないな」

 の:「だったら、酒飲まなくてもいいじゃないですか」

 O:「うまいとも思わないんだけど、夕食時、酒がないと淋しいからさ」

 の:「なるほど~」

 O:「のみすけさんは、どのくらい飲んでたの?」

 の:「毎晩、へべれけになるまで飲んでました!」

 O:「例えばさ、夏の昼間に暑くて缶ビール飲んだとするじゃない」

 の:「ええ」

 O:「その夜は、また飲んでた?」

 の:「そりゃ、もちろん!」

 O:「オレはね、そういう日は夜は飲まないんだ」

 の:「へぇ~。もう、酒に関しては全然問題ないですね」


 Oさんは、4~5年前に定年退職をして、今は年金暮らしだ。広い畑を耕しての野菜作りと、ボクシングを趣味としている。

 

 Oさんのような飲酒の方を、適正飲酒と言うのだろうか。

 

 断酒後1年ぐらいまでの私は、適正飲酒をしている人がとても羨ましかった。酒を断ったくせに、もし出来るなら、自分も適正な量で飲酒を楽しみたいと思っていた。

 

 しかし今や全く観念が変わってしまった。酒そのものの正体が《毒》であることが分かっているので、適正量であろうと飲みたいとも思わないし、そういった飲酒が出来ている人を、羨ましいなどとも思わない。

 

 Oさんのように、何の問題もない飲酒をしている人は、そのままで良いし、Cさんのように命を縮めるような飲酒をしている人は、酒を断ったほうが良い。飲酒している人に対する思いは、たったこれだけである。

 

 Oさんを見ていて感ずるのは、問題のない飲酒をしている人は、酒に拘っていない。酒に対して恬淡としている。逆に、飲酒に問題を抱えている人は、酒こそ我が命、である。

 

 同じ酒なのに、飲む人によってこれほどの違いがあるのかと、つくづくと、飲み物としての酒の複雑怪奇な面を考えさせられた。
 

 

 

*広告

 

↓↓↓※コメント欄は、承認制にしています。すぐには反映されませんが、必ず、読んで承認しますので、お待ち下さい<(.".)>

(まことに勝手ながら、コメント内容によっては、承認の前に、削除することもあります)

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》