酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

もし飲んでなかったら・・・(断酒4年30日目)

f:id:anomiyakun:20170413221022j:plain

 なんで?

 

 [女子高生のスカートに携帯=容疑で警部補逮捕―神奈川県警]

 

 YAHOOで、こんな見出しのニュースを読んだ。この警部補は、49歳。

 

 「きれいな足だと思い、つい出来心でやってしまった」と、容疑を認めているそうだ。
 

 記事の最後のほうに、この警部補は、同僚二人と飲酒後帰宅途中だったと、さり気なく書いてあるのに気付いた。

 

 この手のニュースを読むと、普通は捕まった人に対して、何故、こんな人がこんな犯罪に手を染めるの?って首をかしげる。このニュースでも、犯罪を取り締まる立場の人が、こんなことを仕出かしている。

 

 きっと、この警部補は、普段は職務に忠実な人で、家庭もあって、どこにでもいる普通の人だったに違いない。もし、酒を飲まずに、シラフで帰宅していたならばきっと、こんなことはしなかっただろう。

 

 これは、やってしまった人をけしかけた、エタノールと言う、化学的物質に大いなる原因があるのだ。

 

 それを飲んで酔っ払った人がいけない、との考えも、もちろん認める。けれども、酒は、そもそも酔うために飲むものであって、酔えば、人間を人間たらしめている大脳がエタノールによって麻痺してしまう。その結果、タガが外れてしまうのである。

 

 いつも謹厳実直なお巡りさんだって、人間だ。酒を飲んで酔っ払えば、理性が飛んでしまう。何をしでかすか分からない。

 

 このことは、誰にでも当てはまる。

 

 酒の主成分は、薬物・エタノールであり、それを体内に吸収した人間には、等しくその薬理効果を発揮する。一人一人、許容量が違うから、全く同じ量を飲んでも、その効き目は同じではないけれど。

 

 世間的にそれなりの職業・地位・年代の人が、ニュースになるような事件を起こす場合、破廉恥な犯罪が多い。そして、大体が、酒を飲んで酔った上でやらかしている。4~50代と言えば、人生をそれなりに生きて来て、分別のつく年代のはずなのに。

 

 エタノールの薬理効果により、自分で自分が分からなくなり、ついついそれまで理性で抑え込まれていた本能が顔を出し、シラフでは考えられない行動をする。自分の家の中ならばまだ良いが(昨日書いた記事のように、家庭内でも事件は起こるけど!)、外では、まずい。犯罪へとつながる。

 

 冒頭で載せたニュースにしても、この警部補が酒を飲んでいなかったら、恐らく起きていない事件だったのではないだろうか。同僚二人と、どのくらいの量の酒を飲んだのか知らぬが、酔っていたことに間違いはないだろう。

 

 飲み始めたら、ここまでなら大丈夫!の適量を必ず守ることが出来るわけではない。越えてしまうと、自分が自分ではなくなる。それが、飲酒である。

 

 そんなわけで、この事件を他山の石として学ぶならば、酒を飲まないこと。これに尽きる。

 


 

*広告

 

↓↓↓※コメント欄は、承認制にしています。すぐには反映されませんが、必ず、読んで承認しますので、お待ち下さい<(.".)>

(まことに勝手ながら、コメント内容によっては、承認の前に、削除することもあります)

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》