読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

のみすけと星の王子さま(断酒4年31日目)

f:id:anomiyakun:20170414215704j:plain

 先日のオフ会の時、会場の店へと上がるエレベーターの中で、

「のみすけさんて、星の王子さまの《呑み助》から取った名前ですか?」

と、しーちゃんに聞かれた。

 

 私は、「星の王子さま」と作者の「サン=テグジュベリ」については、単なる知識として頭にあっただけで、その作品をこれまで読んだことがなかった。

 

 それで、気になったので、図書館で借りて、読んでみた。岩波少年文庫版。どこで《呑み助》が出て来るのか、ワクワクしながら。子供の頃のようにワクワクする読書は、かなり久しぶりだ。

 

 小説もとんとここ数年読んでおらず、なお更に普段読まない童話は、とても新鮮だ。グイグイと物語に引き込まれる。

 

 読み進めて行くと・・・

 おぉー、王子様が訪れた3番めの星で、出て来た!

 《呑み助》

 酒を飲むのが恥ずかしくて、それを隠すために酒を飲んでるのが、呑み助か!机の上に何本も酒瓶を並べて、頬を赤くして、ただただ酒を飲んでいるイラストが・・・かつての私ではないか。

 

 この《呑み助》のところを読みながら、さて、では私は、何故酒を飲んでいたのだろうかと、考えたが・・・分からなかった。

 

 フランス語の原文では呑み助は Le buveur(ルビベール)。buveurは、飲む人とか、酒飲みの意味。日本語訳にしたら、飲んだくれとか呑み助になるんだな。

 

 呑み助は、恥ずかしさを隠すために飲むわけだが、その行為は、正に、やめられない酒の究極の堂々巡りを表現している。飲む→恥ずかしい→飲む→恥ずかしい・・・

 

 星の王子さまに出て来る「呑み助」に興味があって読んでみたのだが、子供向けの童話と言うよりも、児童文学の体裁を借りた大人へのメッセージであり、随所にちりばめられている素晴らしい言葉が中々胸に残る。

 

 「大切なものは、目に見えない」

 

 これは、かなり有名なフレーズのようだ。

 酒は、目に見える。それを飲んで、目に見えない大切なものを失う。

 

 私がもうひとつ、ハッとした言葉は、一番最初に書かれている前書き、「レオン・ウェルトに」の中にある、

「おとなは、だれも、はじめは子供だった。(しかし、そのことを忘れずにいるおとなは、いくらもいない。)」

 

 大酒のみで、今は断酒している私も、はじめは子供だったんだな~。子供の頃は、輝いていたな~。毎日が楽しくて、毎日が新鮮だった。それがいつから、酒の力を借りて気分を高揚させるようになったのだろう。

 

 誰の心にも、子供の頃の楽しい思い出が残っているだろう。誰だって、始めは子供だったのだ。

 

 星の王子さまは、不思議な童話だ。大人が読むと子供の心が、子供が読むと大人の心が分かる。

 

 私がハンドル名を《のみすけ》にしたのは、ブログ開設時にふと思いついただけで、まあ、強いて言えば、サザエさんで出て来るキャラクター《のりすけ》に響きが似ているので、そうしただけだが・・・これからは、星の王子さまの《のみすけ》にしようかな。

 

 しーちゃん、星の王子さまを読むきっかけを与えてくれて、どうもありがとう!

 

 

 

*広告

 

↓↓↓※コメント欄は、承認制にしています。すぐには反映されませんが、必ず、読んで承認しますので、お待ち下さい<(.".)>

(まことに勝手ながら、コメント内容によっては、承認の前に、削除することもあります)

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》