酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

アルコールが牙を剥く時(断酒4年83日目)

 昨日の、近所の川での光景と、私の感想。

 

 たまたま自転車で通りかかったその河原は、夏の休日ともなれば、朝から場所取り合戦が繰り広げられるほどの人気の場所だ。

 

 真夏日のように太陽が照り付けた昨日は、河原のスペースが端から端まで、バーベキューをするグループで埋まっていた。あるグループは、川に大きな網を入れて、その中で、他のグループは、大きな水槽のような容器に氷をじゃんじゃん入れて、缶のアルコール飲料を大量に冷やしていた。

 

 アルコールが回って既に出来上がっている若者たちは、川に入って騒いでいた。

 

 家族連れ、職場のグループ、学校の仲間、等、色んなグループがそれぞれ楽しいひと時を過ごしていた。

 

 アルコールは飲めば陽気になり、愉快になる。ただでさえ開放的な野外のバーベキューが、更に盛り上がる。アルコールは楽しさを演出する一方で、時には飲んだ人に牙を剥く、諸刃の剣である。

 

 アルコールは薬物であるから、使い方を間違えると、とんでもないことになるのだ。酒の本質は、気軽な飲み物ではなく、処方箋の必要な薬物なのである。このことを分かっている人は、恐らく、酒を当たり前に飲んでいる人の中には一人もいない。

 

 さっきまで笑い声が聞こえていたのに、姿が見えず、探したら水底に沈んでいたと言うような、日常から非日常へとあっという間に切り替わる事象が、これからの季節必ず起こる。その原因の多くは、水辺で飲む酒である。

 

 突然、アルコールが牙を剥き、人間に襲い掛かるわけだが、それがいつかは分からない。楽しい状態から、命に関わる状態へといつ遷移するのか、それは分からない。気付いたら、取り返しの付かない状態になっている場合が多い。

 

 このアルコールが牙を剥く様子を動物に例えるならば、丸で、すやすや寝ていた子猫が、突然に猛虎となって襲い掛かって来るイメージだ。

 

 このような危険性を含有する飲み物だとは、商品としての酒にはどこにも書かれていない。大人になるまでの教育の中で、誰も教えてくれない。それどころか、寧ろ、酒は大人になったら、付き合いで当たり前に飲むべきもののような位置づけである。酒の一面のみ強調されたテレビのCMなど見たら、酒とはなんとオシャレな飲み物なのだろうと、思うのも仕方ないことだ。

 

 だが、アルコールは、その薬効で、飲んだ人を急変させる。アルコールの恐ろしさを味わうには、己の命を懸けなければならない。

 

 

 ※読者通信もご覧ください!ティモ太郎さんちのワンちゃん、いくピーさんとおでんさんご本人が写ったバイク写真などに、ドライバーさんのお孫さん、挑戦も!

readers.hatenablog.com

readers.hatenablog.com

readers.hatenablog.com

readers.hatenablog.com

readers.hatenablog.com

readers.hatenablog.com


 

 

*広告

 

↓↓↓※コメント欄は、承認制にしています。すぐには反映されませんが、必ず、読んで承認しますので、お待ち下さい<(.".)>

(まことに勝手ながら、コメント内容によっては、承認の前に、削除することもあります)

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》