酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

飲んだくれの懺悔(断酒4年86日目)

 懺悔(ざんげ)・・・自分の過去に於ける行いが、悪いことだったと心から悔いて、神仏に告白すること。

 

 《懺悔》・・・この言葉は、過去に何度も使った。私は、神仏ではなく、ブログを通して、過去の飲んだくれ時代の過ちを告白した。

 

 懺悔は、善い行いである。アル中に懺悔は必要である。懺悔とは、己の過失を認めることだからである。

 

 よく言われるアル中の二つの否認。ひとつは、自分がアル中だと認めない。もうひとつは、自分は酒さえ飲まなければ問題ない、と酒に責任を擦り付ける否認。

 

 懺悔する人は、自分が病気のアルコール依存症だと認め、酒に責任があるのではなく、酒を飲む自分に責任があるのだと認める。ここからの再出発の道のりは、行く先もはっきりしているし、着実に一歩一歩進む。

 

 断酒しようと思ったら、懺悔してみると良い。信じている神仏にでも良いし、信頼出来る友人にでも良いし、恋人や配偶者などのパートナーでも良いし、私のようにブログに書き出す形でも良い。

 

 飲んだくれてアルコールの奴隷になっていた過去。これを告白するには、心の整理が必要であり、酒の飲み始めから、今に至るまでを掘り起こして、問題行動や過ちを思い出し、順序付けて行かねばならない。

 

 私は、ブログを書き始めてからの半年くらいの間に、酒でやらかした過ちを、思い出す限り記事にした。自分の問題飲酒に関わる過ちや事件など、本当は記憶の底に沈んだままにしておきたい。暗く重くどんよりとした酒にまつわる碌でもない過去は、川底の泥のようだ。

 

 これらを思い出しながら、文章にしてゆくのは、中々に辛かったが、掘り起こして書けば書くほど、大酒を飲んでいた昔を歯がゆく、バカバカしく思い、酒に対する嫌悪感がいや増すのだった。

 

 今まで記事にした中で、オフ会で多くの方から話題にされたのは、酔っぱらって息子の頭をバリカンで刈って、虎刈りにしてしまった事件だ。これは、読んで下さった皆さんの記憶にかなり鮮明に残ったようだ。

 

 話題にされる度に、私も思い出して、酒の怖さを噛み締めている。

 

 誰かに告白することは気が引けるなら、ブログに書き出すのが良い。ノートや手帳でも良いのだけれど、私はブログをお勧めする。非公開で、自分だけが読める形でも良い。文章にすると残る。スマホがあれば、いつだって読み返すことが出来る。

 

 私もたまに過去の自分のブログを読み返している。これがまた中々に勉強になるのだ。過去の自分が書いた文章なのに、読み返すと、ほほ~、と頷いてみたり(笑)

 

 ブログなんて面倒くさい!と言う人は、コメント欄に懺悔を書いてみますかネ!?

 私ももちろんだけれど、読んで下さる方々が、あなたの懺悔を受け留めてくれる。

 

 

 

*広告

 

↓↓↓※コメント欄は、承認制にしています。すぐには反映されませんが、必ず、読んで承認しますので、お待ち下さい<(.".)>

(まことに勝手ながら、コメント内容によっては、承認の前に、削除することもあります)

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》