酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

再発を阻止出来る病気(断酒4年101日目)

 毎週金曜日のskypeミーティングは、ブログを書く上でも役立っている。

 

 因みに、今晩(2017/6/23)のミーティングは、参加者8名だった。今までで一番多かったかな。とても有意義だった。

 

 参加者の方から何気なく出る言葉を私はメモしている。今日のお題は、前回のskypeミーティングで松下さんから出た話だ。今晩のミーティングでも、ブログに書きたい話がいくつか出たので、追々記事にして、皆さんと共有したい。

 

 多くの人の命を奪う癌は、手術で切除しても、抗がん剤や放射線で叩いても、再発の確率が高い。しかも、それを自分で防ぐことはほぼ不可能である。

 

 ところが、同じ病の範疇でも、アルコール依存症は、病そのものは一生治らぬが、断酒によって回復する。酒さえ飲まねば、健常者と全く変わらぬ生活を送ることが出来る。この病特有の症状の再発は、自分で防ぐことが出来るのだ。

 

 数えたら何万種類の病気があるのか知らぬが、再発を自分で阻止出来る病気は数えるほどしかないだろう。薬物依存は、その最もたるものだ。

 

 自分をアル中(アルコール依存症)だと素直に認めれば、それからの回復と、それの再発の阻止を、自分の力で、自分の意志で出来るのだ。一病息災と言うけれど、逆に考えれば、アル中ほど良い病は無いと言える。

 

 何故ならば、酒を飲みさえしなければ、全くの健常者だからである。

 

 アル中以外の病気なら、己の病を認めるのに、アル中を認めないのは、その認めないことそのものが、アル中の病の典型的な症状であるからだ。

 

 歯が痛ければ虫歯を、急に発熱したら風邪かインフルエンザを、右の下腹が急に痛めば虫垂炎を、老人で目が霞んで来たら白内障を・・・それぞれの症状に応じた病名を疑うのが当たり前だが、アル中(アルコール依存症)の場合、疑わないし言われても認めようとしない。

 

 アル中は実に厄介な病気である。周囲の人間は、アル中(アルコール依存症)だと断定しているのに、アル中本人は、認めない。

 

 だが、もし本人が認めれば、事態は好転する。アル中は、本人次第で劇的に改善する。

 

 過去の記事を検索したら、アル中(アルコール依存症)が一病息災の一病であることの意味を断酒初年度、2年目、3年目、4年目と、綴っていた。初年度から私はこのことを意識していたのだ。

 

nomisuke.hatenadiary.jp

nomisuke.hatenadiary.jp

nomisuke.hatenadiary.jp

nomisuke.hatenadiary.jp

 ある意味、御しやすい病のアルコール依存症。もしあなたが、この病以外の病を持たず、アルコール依存症のみが、一病息災の一病であるならば、ラッキーである。何故ならば、自分で再発を阻止出来る病だからである。

 

 (治らない病であるアルコール依存症は、常に発病中なわけであるから、厳密な言い方をするならば、病状の再発を阻止出来る、である。)

 

 

 

*広告

 

↓↓↓※コメント欄は、承認制にしています。すぐには反映されませんが、必ず、読んで承認しますので、お待ち下さい<(.".)>

(まことに勝手ながら、コメント内容によっては、承認の前に、削除することもあります)

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》