酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

ノンアル・ビールの罠(断酒4年103日目)

 断酒してから4年と3か月。私がその間に飲んだノンアルコール・ビールは、3本くらいだろうか。

 

 3本とも、飲む前に、何度も成分表示をチェックし、アルコール分が0.0であることを確認してから飲んだ。

 

 私には味が合わず(と言うより、まずい!)、それと家族の判定が、ノンアル・ビールでも、酒だ!(この辺り、次の過去記事を参照頂きたい)なので、数えるほどしか飲んでいないし、飲みたいとも思わない。

 

 ノンアルコール・ビールを好きな方もいらっしゃることだろう。私の、「まずい」とか「飲みたいとも思わない」などの感想はどうか無視して頂きたい。例えば今流行のパクチー(コリアンダー)って野菜があるけれど、我が家では私と息子は大好きだが、かみさんと娘は大嫌い。これと同じことだ。

 

nomisuke.hatenadiary.jp

 4年前、ほんの興味本位で飲んでみたノンアルコール・ビールだったが、その空き缶が発端となって、てんやわんやの大騒ぎになってしまったことを思い出した。

 

 私はノンアルコール・ビールは、文字通り、ビールの味がするけれど、アルコールはゼロだとばかり思っていた。飲む前に、間違っても、ホンモノではないな、アルコールは絶対に入っていないな、としつこく確認した。

 

 だが、このリンク先の記事を読むと、日本の法律では、1%未満のアルコール含有率であれば、ノンアルコールなのだそうだ。

 

www.msn.com

 例えば、0.999%のアルコールが入っていても、ノンアルコール。おかしいけれど、法的に問題ないので、ノンアルコール・ビールとして販売されているかもしれない。

 

 問題なのは、それを知らずに買って飲んでしまう人だ。普通、ノンアルコールと謳ってあれば、アルコールが入っているなどとは思わないだろう。恐ろしいことに、もしアルコール含有率0.999%の350CCの缶を5本飲んだら、ホンモノ1本分と同じではないか。

 

 少し前に、飲酒運転で捕まった人(確か女性だった)のニュースで、ノンアルコール・ビールを15本飲んだとか書いてあって、ノンアルコール・ビールなのに、何故飲酒運転なのか疑問だったが、これで分かった。恐らく1%未満のアルコールが含まれている銘柄だったのだろう。

 

 この胡散臭い、法的にOKなノンアルコール・ビール。私はスリップへの罠と考えている。だから、確実に0.0%のノンアルコール・ビールであっても、決して飲まない。

 

 もちろん、私が飲まないだけであって、銘柄を決めてノンアルコール・ビールを楽しんでいらっしゃる方は、そのままで!ただ、もし普段とは違う銘柄のノンアルコール・ビールに遭遇した時は、その成分表示を穴の開くほど見て確かめてほしい。

 

 話変わって、本日の午前中、ブログで知り合った方と、モーニングコンサートを聴いて来た。梅雨時の日曜日。とても有意義に過ごすことが出来た!

 

 いくつも演奏された中で、私が一番気に入ったのは、「マルゴーのワルツ」。

 断酒していなかったら、知り合うことのなかった方からの誘い。断酒していなかったらこの音楽にも出会っていなかっただろう。

 

 帰り道、雨は上がり、朝顔が咲いていた。

f:id:anomiyakun:20170625181425j:plain

 

 

 

*広告

 

↓↓↓※コメント欄は、承認制にしています。すぐには反映されませんが、必ず、読んで承認しますので、お待ち下さい<(.".)>

(まことに勝手ながら、コメント内容によっては、承認の前に、削除することもあります)

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》