酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

適量の酒のウソ(断酒4年120日目)

 先日、再チャレンジャーさんのtweetで、知った。

 

newsphere.jp

 これまでは、適量の飲酒は健康に良いと言われていたはずだ。適量の中身は、毎度のことながら書いてみると、ビールなら中瓶1本、日本酒なら1合、その他の酒も、大した量ではない。

 

f:id:anomiyakun:20170712230316p:plain

 適量の酒が健康に良いことの呪文のように使われているJカーブ効果なる研究結果によれば、全く飲まないよりも、適度に飲んだほうが死亡率は低くなるそうだ。

 

 その他にも、あれに良いこれに良い、と、調べてみれば山のように、適度な飲酒が身体に良い情報が出て来る。が、飲み過ぎた場合は、全く無意味どころか、身体に悪いと、口を揃えて、必ず書き添えてある。

 

 そこで、適量の飲酒を心がけている人が、こう言ったとする。

 「いえいえ、私は、1日に缶ビールのロング缶を1本だけです。これだと、中瓶1本と同じでしょ」

 確かにそうだけれど、冒頭のイギリスでの研究成果に照らし合わせると、これでも、軽くオーバーしているではないか。脳が委縮していることだろう。

 

 350mlの缶を週に9本。日に9本ではなくて、週に9本である。

 

 この、あまりの量の少なさに悲鳴を上げてしまう方が多いのではないだろうか。私も、最初己の目を疑った。何度もリンク先の記事を読み返した。

 

 これまでも私は、毒に適量は無い、と、手厳しいことを書いてきたが、今回、正にそれが証明されたようだ。化学成分的に身体に悪いものが、少量だと健康に良いとの煽り記事には、かなりの胡散臭さを感じていた。

 

 大量に飲むと死に、少量なら健康増進。これが如何に眉唾であるか。他にも、これからアルコールの人体への毒性を示すデータがきっと示されることだろう。

 (尤も、大量に飲むと死ぬのは、酒だけではなく、例えば醤油だと、高ナトリウム血症を起こして死に至ることがある。が、好んで醤油を大量に飲む人はいないだろう。)

 

 そのような研究成果を待つこともなく、私たちは、きっぱりと酒を断った生活を送っているので、日々安心で快適である。断酒によって、アルコールの害から身を守っている。

 

 酒を断つなんて有り得ない!と言う方の為にひと言申し添えるなら・・・

 

 それでも飲みたけりゃ、これからは、1日に135mlのミニ缶1本にしておく手はある(笑)

 

 飲んだくれ時代、新製品のサンプルで135mlのミニ缶を何度ももらったことがある。この缶、あまりにも小さすぎて、プシュッっとプルタブを開けて、つまむように持って口へと運び、傾けたら、もう終わり・・・飲んだうちに入らない。

 

 今回の、350mlの缶を週に9本以上飲むと、脳の海馬が委縮するとの、イギリスでの研究は、断酒しているものにとって、とても良い記事であった!断酒仲間の再チャレンジャーさん、気付かせて頂き、有りがたいことです。

 

 

 

*広告

 

↓↓↓※コメント欄は、承認制にしています。すぐには反映されませんが、必ず、読んで承認しますので、お待ち下さい<(.".)>

(まことに勝手ながら、コメント内容によっては、承認の前に、削除することもあります)

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》