酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

飲んだらええやん!(断酒4年122日目)

 「飲んだらええやん!」

 

 私の心に残った大阪オフ会での、とどめの一撃のマッキーさんの言葉。

 

 もう、これまでいくつか記事にして来たので、前に書いた時のAさんは、toyotaroさんだと、皆さんご存知で、しかもtoyotaroさんご本人もコメント下さっているので、書きやすい。toyotaroさん、今回の記事でも書かせて頂き、感謝!
 

 toyotaroさんが、禁酒を続けたいけれど、ひょっとして機会飲酒ならいけるかもしれない、との思いを捨てきれず、私を含め、近くにいた人と、侃々諤々の議論をしている、その最中・・・マッキーさんの口から飛び出した。

 

 「飲んだらええやん!」

 

 侃々諤々の議論の中身は、私も含め、周囲の仲間の思いは《禁酒》ではなく《断酒》へと切り替えてほしい。それだけだった。

 

 「飲んだらええやん!」に込められた意味は、それを聞いた人全員がすぐに理解した。

「ダメダメ、それでも酒を飲んだらアカン!」ではなくて、「飲んだらええやん!」に込められた意味とは・・・

 

 予め結果は分かっていることだけれど、納得できず、それでも断酒に躊躇いを持っているなら、飲んでみたら良い!と言うことだ。

 

 どんな過程を経て来た人でも、誰でも、100%、飲んでみたら、元の木阿弥になる。毎日、太陽が沈んで夜になり、朝になればまた太陽が昇って来るのと同じに、極当たり前のこと。

 

 ただ、頭の中で、飲むか・飲まないか・飲んでも大丈夫か・飲まないほうがいいのか・飲んでみたい・飲めるかもしれない・・・などと酒への思いが渦巻いているならば・・・

「飲んだらええやん!」

が、究極の回答になる。

 

 禁酒ではなくて、断酒しなくてはならないことを、飲んで確かめる、危険なやり方である。が、ある程度の期間酒を断つことが出来ている場合、飲んでしまっても、また断酒に戻ることは出来るはずだ。

 

 何故ならば、酒を断っていた期間の、心身ともに快適で爽快であった記憶が、酒をもう一度断つ時にはとても役立つからである。

 

 そう簡単に勧めることではないが、禁酒と断酒の間を揺れ動き、決心が定まらず、もしかしたら、飲める自分になっているかも、などと根拠のない自信を持っている方がいらっしゃるなら、私もマッキーさんと同じことを言う。

 

 「飲んだらええやん!」

 

 飲んでしまったら、きっと元の酒浸りの自分を発見することだろう。

 

f:id:anomiyakun:20170714182100g:plain

 あれれ!やっぱりのみすけやマッキーさんの言っていた通りだった!

 飲んでみたけど、ダメだった!

 自分には断酒しかない!

 

 きっと、こうなることが分かっている。

 

 私も、あなたも、沢庵の古漬けなのである。水に晒しても、洗っても、何をしても、元の大根には戻らないのだ!

 

 今晩のskypeミーティングでマッキーさんに聞いてみたら、「飲んだらええやん」ではなくて「飲んでみなはれ」か「飲みなはれ」だったかもと言われたけれど、意味は同じなので、「飲んだらええやん」で統一しておく。

 

 

 

*広告

 

↓↓↓※コメント欄は、承認制にしています。すぐには反映されませんが、必ず、読んで承認しますので、お待ち下さい<(.".)>

(まことに勝手ながら、コメント内容によっては、承認の前に、削除することもあります)

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》