酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

酒を切り札にしてはいけない(断酒4年134日目)

f:id:anomiyakun:20170726212154j:plain

 私は、断酒を始めてから、断酒している人のブログを読むようになった。

 

 もちろん、断酒前は単なる飲んだくれであるから、断酒関連のブログなど、それまで読んだことも無かった。寧ろ、その頃は、飲酒礼賛のブログを好んで読んでいた。

 

 最近は、4年前の断酒初年度に比べると、読むブログの数も減った。が、今でも、あの人はどうしているかな、と、覗いてみるブログもあったりする。

 

 断酒した人のブログでは、私のように日々書き続けているのはかなり稀で、大体、次の4パターンになる。

 

 1.意気込んで断酒ブログを開始するも、突然更新が止まる。

 2.ある程度の期間続けるが、断酒が安定して来て、ブログもやめる。

 3.更新頻度は減るけれど、ブログ更新は続けている。

 4.ある期間続き、ある期間止まり、再開を繰り返す。

 

 この中で、今日書きたいのは、4.のパターンの人のことである。

 

 断酒が順調な間は、ブログ更新も頻繁で、酒の無い日々の喜びを綴っていたりするが、突然ある期間更新が止まる。心配した読者の人が、次々とコメント欄へ書き込むが、暫くは無反応である。

 

 そして、ある期間の後に、

「実は精神的にとても辛いことがあって、酒に逃げていた。でも、また断酒を頑張る。」

のような書き込みと共に、ブログも再開する。

 

 たぶん、心のどこかに、精神的に追い詰められて、どうしようもない時の、最後の切り札として、酒を取ってあるのだろう。

 

 飲めば一時(いっとき)、ふわっと心が解放され、軽くなる。あっと言う間の、アルコール・マジックである。脳内に麻薬が注入され、即効的に作用するのが、飲酒である。しかも、合法と来ている。

 

 だが、所詮は頭の中で薬物が作用するだけなので、自分の中に生じた問題(=酒を飲まずにはいられない状態)に関しては、何も解決していない。酔いから醒めれば、その辛い現実が待っている。

 

 素面に戻ると、辛さが10倍にも100倍にもなって襲って来るので、また酒を飲む・・・の繰り返しで、暫くは酒浸りの日々が続き、ある日、これではいかん!と、断酒に戻る。

 

 もちろん、断酒に戻ることは素晴らしいことである。そのまま飲んだくれて、重度のアルコール依存症のまま終わる人だってあるのだから。

 

 ただ、私がとても惜しいと思うのは、相当の期間断酒をしている実績があるのだから、酒に逃げる部分だけ、何とか切り捨てることは出来ないのか、と言うことだ。

 

 心の奥底で、精神的に辛くてどうしようもなくなった時の最後の砦、或いは切り札として、酒を取ってあるなら、どうか綺麗さっぱりと捨て去ってほしい。酒なんぞでは何も解決しないからである。

f:id:anomiyakun:20170726212209j:plain

 (2枚とも、昨日に引き続き、今は亡き義父撮影の写真。読者の方から、昨日の写真が良かったと、メールを頂いたので・・・天国の義父も喜んでいるだろうなあ)

 

 

*広告

 

↓↓↓※コメント欄は、承認制にしています。すぐには反映されませんが、必ず、読んで承認しますので、お待ち下さい<(.".)>

(まことに勝手ながら、コメント内容によっては、承認の前に、削除することもあります)

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》