酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

断酒とボクシング(断酒4年137日目)

 いつも22時頃更新しているが、今日はかなり遅くなった...

 

 あれれ、ブログが更新されていないな。ひょっとして、ついにのみすけは酒を飲んでしまったのか!?と思われた方もいらっしゃることだろう(笑)

f:id:anomiyakun:20170729230218j:plain

 今日は、後楽園ホールで、久しぶりのボクシング観戦をして来た。試合が終わったのが遅く、しかも帰宅してから書いたので、いつもの時間よりかなりブログ更新がずれた。

f:id:anomiyakun:20170729230240j:plain

  一緒に観戦したのは、当ブログの準レギュラーかつ反面教師の、関西弁のCさんである。

f:id:anomiyakun:20170729230255j:plain

 隣の東京ドームでは、プロ野球の試合が行われていた。

 

 第一試合は、女子ボクシングで、両者ともデビュー戦だった。今は、女性も、プロボクシングで活躍する時代だ。ガチで殴り合うのだ。

 

 女性の場合、観戦していて、どうしても痛々しい感じがしてしまうが、勝った選手も負けた選手も、試合後はとても爽やかな顔をしていた。本当にやりたいことをやり切った表情だった。もちろん、負けた選手は悔しいに違いないけれど。

 

 だが、ボクシングは過酷なスポーツである。リング禍で、命を落とすことさえある。

 

 私も、かれこれ10年近くボクシングジムに通った。飲んだくれ時代が7年、断酒してからが3年。そして、今年に入ってから、ヘバーデン結節と言う手の病のため、ボクシングジム通いは中断している。

 

 私は、スパーリングも、プロの選手に相手をしてもらったことがあるし、ジム生同士では何度もやった。因みにスパーリングとは、ヘッドギア等を装着した上で実際に殴り合う行為だ。

 

 断酒とボクシングに、何の関連があるのか?

 

 断酒は、日々の精進である。ボクシングも同じで、プロの選手は、現役の間は日々がトレーニングである。

 

 断酒は、生涯現役で、飲まない日々がトレーニングである。そして強いて言えば、己と酒との闘いだ。毎日飲まないことに於いて、酒と闘う。尤も、断酒初年度こそ、そんな感じだったが、今の私は、酒と闘ってはいない。酒は、私の対戦相手ではなくなってしまった。
 

 ところで、Cさんは、コンビニでビールのロング缶2本と酎ハイのロング缶1本を仕入れ、全9試合組まれた試合の最初の数試合で飲み干し、追加で売店のバカ高い酎ハイ(500円!)を購入しては飲んでいた。

 

 私がコンビニで買ったのは、紙パックの1リットルのほうじ茶。税抜き99円だった。これだけで、数時間過ごすことが出来た。安いし、超健康的!

 

 人の飲酒にとやかく言わないが、Cさんの飲酒量は尋常ではない。ドクターストップがかかっているのに、やめようとはしていない。酒の魔力の恐ろしさを、今日もたっぷりと感じた。

 

 もうひとつまざまざと分かったのは、尾籠な話だが、Cさんのトイレに立つ回数の異様な多さに気付いたこと。炭酸系のアルコール飲料は、飲めばすぐにトイレに行きたくなる。つまり、肝臓でアルコールを解毒するだけでなく、腎臓もフル稼働して尿を作っているのだ。

 

 せっかくボクシングを観戦に来ているのだから、せめて素面で応援出来ないのかな~。Cさん以外にも、多くの人が酒を飲みながら観戦していた。

 

 

 

*広告

 

↓↓↓※コメント欄は、承認制にしています。すぐには反映されませんが、必ず、読んで承認しますので、お待ち下さい<(.".)>

(まことに勝手ながら、コメント内容によっては、承認の前に、削除することもあります)

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》