酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

先のことは分からないからこそ(断酒4年138日目)

 二日前の金曜日(2017/7/28)のskypeミーテイングでの学び。

 

 『抱えるな!外に吐き出せ!(断酒4年135日目)』に、

断酒12年の松下さんが、

『本当の悲劇、不幸にあった時に、生半可 「アルコールマジック」を知っている我々アル中、 酒に逃げずに、おられるか? 私は自信がありません。』

とのコメントを下さったことに対して、その心境をざっくばらんに聞いてみた。

 

 私は、10年以上も断酒していれば、どんな時でも酒なんぞに走ることはないはずなのに・・・え!?と意外に感じたのである。skypeに参加されたもう一方も、私と同じ疑問を抱いたそうだ。

 

 松下さんの御言葉は、誠に正直で、人間味あふれるものだった。

 

 本当に心理的にどん底に落ち込んだ時、人間、先のことは分からない。だから、自分も、絶対に酒に逃げないなどとは言えない。

 

 マッキーさんも、飲まないだろうけれど、絶対は無いとおっしゃっていた。

 

 これは、私も全く同じで、アルコールの薬物としての即効性をなまじ知っているが故に、これまでの人生で経験したことの無いような悲劇に遭遇したら、どうなるかは分からない。

 

 この飲酒に関する議論は、酒を好きとか嫌いとか、そんな問題ではなく、薬物として利用するかしないかである。つまり、酒の用い方として、究極的に、辛い現実から、酔って別世界にワープ出来れば良いからである。

 

 もちろん、今の私は、酒など不要である。

 

 ただ、松下さんのおっしゃる「本当の悲劇、不幸」に襲われた時に、一体自分はどう立ち向かうのか。それは、全く分からない。

 

 ひとつだけはっきりと言えるのは、先のことは分からないからこそ、たった今がとても大事なのだ。

 

 大阪オフ会で松下さんから聞いた話では、30年断酒していた人がスリップした例もあるそうで、断酒の期間が長ければ大丈夫などと言うことは、《絶対に》無い。

 

 普段から、酒に対する自分の心の持ちようを整えて、どんな時でも酒に頼らないようにしておくしかないのかな、と思う。

 

f:id:anomiyakun:20170730214807j:plain

 もうひとつは、そのような事態に遭遇した時に、話を聞いてもらえる断酒仲間がいるかどうか、だろうか。

 

 今の私なら、金曜日まで待って胸の内を明かし、松下さんやマッキーさんの歯切れのよい関西弁で「飲んだらアカン!」と言ってもらえれば、たぶん思いとどまる事が出来ると思う。

 

f:id:anomiyakun:20170730214824j:plain

 先のことは分からないからこそ、断酒生活が順調な時に、もっともっと学んだり、断酒仲間を増やしたり、話を聞いてもらえる環境を整えたりしておくことが重要である。

 

 断酒仲間の存在はとても大きい。

 

 

*広告

 

↓↓↓※コメント欄は、承認制にしています。すぐには反映されませんが、必ず、読んで承認しますので、お待ち下さい<(.".)>

(まことに勝手ながら、コメント内容によっては、承認の前に、削除することもあります)

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》