酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

飲酒欲求を受け止める(断酒4年166日目)

 ブログを綴りつつ、断酒初年度の記事を引用することがある。

 

 最初の半年くらいは、後半のどこかに、今日も飲みたかったが、何とかやり過ごすことが出来たと書いていることが多い。読み返すと、二度と繰り返したくはないが、妙な懐かしさを感じる。

 

 あの頃は、酒を断っても、頭の中がほぼ酒で占有されていた。断ったことはもちろん肯定しつつも、実は心の奥底から聞こえて来る、飲みたくてたまらない我儘な自分の遠吠えに困り果てていた。

 

 酒を断った人には、《飲酒欲求》は、少なからず起こる。

 

 これを排除しようとするよりも、プラスのエネルギーに転換することが、断酒を継続するポイントだと、今になって思う。自分が闘っている最中にそんなことを言われても、きっとぴんと来なかっただろう。

 

 湧き起こる飲酒欲求を排除出来る人は、多分いないはずだ。排除できれば、断酒は簡単である。私も、飲酒欲求は、湧いて来たら、排除できなかった。受け止めるしかなかった。

 

 (おぉ~。来たな!来たな!飲みたいぞ~)

 

 湧き起こる飲酒欲求は、突然だったり、一日中だったり、その頃の不安定な心を、小悪魔に弄ばれているような感じであった。

 

 そのままにしておき、過ぎ去るのを待てればいいが、これ、放っておくと、増大したりする。だから、意識的に身体を動かしたり、別のことをするなどして、気分転換しないとダメである。夕食後であれば、寝てしまうのが一番安全で経済的だが・・・

 

 その時期は人によって全く違うのだろうが、いつの日かこの飲酒欲求を懐かしく思う日が来るはずだ。

 

 冒頭に書いたけれど、今の私は、妙な懐かしさを感じている。あれは一体何だったのだろうと。

 

 飲んだらヤバイから止めたのに、それを飲みたくて困ると言う、矛盾。自分の心の中で繰り広げられる葛藤。飲みたい自分と、抑止する自分。

 

 私の中でも、断酒後一年くらいはバトルが繰り広げられた。自分はどうやって飲酒欲求と向き合っていたのだろう。思い返してみた。

 

f:id:anomiyakun:20170828072345p:plain

 飲酒欲求が湧いてきたら、先ずは受け止める。心の奥底から投げられたボールを先ずはキャッチする。後は、それをどう料理するかだ。炭酸水をガブ飲みしたり、横になれる環境なら寝てしまったり、運動できるのなら、外に散歩やジョギングに出たり・・・色々と工夫して、飲酒欲求を料理してしまえばよい。

 

 自分の経験だからこそ断言できるが、飲酒欲求は、時間の経過と共に弱まり、その出現頻度も減る。これだけは確かだ。そろそろ断酒4年半ほどになろうとしているが、もはや私には飲酒欲求は無い。 

 

 

 

*広告

 

↓↓↓※コメント欄は、承認制にしています。すぐには反映されませんが、必ず、読んで承認しますので、お待ち下さい<(.".)>

(まことに勝手ながら、コメント内容によっては、承認の前に、削除することもあります)

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》