酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

醒めたままでいよう(断酒4年167日目)

f:id:anomiyakun:20170829051750j:plain

 酔っている最中は、こんなにも自分を幸せな気分にさせてくれるもの《酒》をやめようなんて、決して考えない。

 

 でも、アルコールが抜けて、正気が戻って来ると、正反対の考えが浮かんで来る。もう、やめよう、やめたい。

 

 こうして日々酒を飲まずに、大体同じ時間に断酒のブログを綴るのは、あの、断酒を決意した日の、酒から醒めた瞬間があったからこそ。ある意味、断酒を継続している状態とは、酒から醒めたままでいることだ。そんなことをふと思った。

 

 一度酔いから醒めたのなら、ずっと醒めたままでいよう。二度とあの碌でもない状態に戻りたくないから。

 

 長い人生、その場から逃げたくなることもある。やり切れないこともある。泣きたくなることもある。悔しくてたまらないこともある。負の感情を相殺しようと、得てして酒に手が伸びる。

 

 飲んでしまえばいっ時、脳の中では現実とは全く異なる夢幻の世界が現れる。酔っている間だけの、ほんの一瞬のアルコール劇場だ。酒を断つまでは、それが分かっていても、薬物の力に頼ってしまう。アルコールは、飲めば必ず効くからである。これほど効き目のはっきりして使用量が野放図な合法的薬物は、酒の他に無い。

 

 醒めたままでいよう!

 

 酒の怖さが身に染みているので、毎晩断酒のブログを綴る時は、自然と気が引き締まる。と共に、こうして毎日、冷静な目で酒を捉えることが出来て、とても嬉しい。

 

 夕方、久しぶりに断酒の狂歌を詠んで、tweetしてみた。

 

 

 思えば、飲むと酔い、醒めて反省の悪循環を30年以上も繰り返して来たわけで、自分の中では酒を飲む前提でしか物事を考えておらず、人生の選択肢として、何故酒を断つことが入っていなかったのか、とても不思議である。

 

 飲むだけが酒じゃないよ、断つ酒もありだよ!

 

 このことを、醒めたままのクールな頭で、まだまだ発信し続けて行きたい。自分の酒の問題に少しでも気付いた人が、酒の飲み方を改めるような、そんな小賢しいことではなくて、もっと単純でストレートな断酒に進むヒントを得てもらえるように。

 

 これを読んで下さる方も、ずっと一緒に、醒めたままでいよう! 

 

 

*広告

 

↓↓↓※コメント欄は、承認制にしています。すぐには反映されませんが、必ず、読んで承認しますので、お待ち下さい<(.".)>

(まことに勝手ながら、コメント内容によっては、承認の前に、削除することもあります)

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》