酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

断酒といつまでも(断酒4年201日目)

f:id:anomiyakun:20171001194333j:plain

 毎日断酒のことを書いているのは何故だろう?

 

 自分はもう、ブログに頼らなくても、酒をやめ続けることは出来る。これは、地道にこれまで積み上げて来た酒を飲まない日の重みが、裏付けになっている。絶対に!とは言えないけれど・・・

 

 毎日断酒のことを書いているのは、この酒を飲まない生活の素晴らしさと、かつての大酒飲みだった頃のバカらしさを、多くの人に伝えたいからである。

 

 さて、唐突だが、昭和のおっさんの私は、加山雄三の「君といつまでも」が好き。

 

 以前(2015/2/21)、こんな記事を書いた。


 『酒といつまでも(断酒1年344日目)

 

 リンク先の記事の、「君といつまでも」の替え歌「酒といつまでも」が、バカバカしくて面白いので、是非読んで頂きたい。

 

 ところで、今、飲んだくれている人は、どちらを選ぶのかな?

 

 『酒といつまでも』?『断酒といつまでも』?

 

 今、断酒を一緒にしてる方は、もちろん、後者の『断酒といつまでも』に決まっている。やめる気のない人は、『酒といつまでも』なんだろうなぁ・・・それはそれで、その人の人生だ、それで良い。

 

 私は、酒をやめる気のない人には近づかないし、何も言わない。私が応援したいのは、酒をやめたい人、やめた直後の人、やめてから暫く経つけれど飲みたくてたまらない人だ。

 

 ところで、「君といつまでも」、この歌の中の、私のお気に入りの歌詞とセリフは次のとおりだ。

 

 「あしたも すばらしい しあわせがくるだろう」 

 「幸せだなァ 僕は君といる時が一番幸せなんだ
 僕は死ぬまで君を離さないぞ、いいだろ」

 

 断酒していれば、少なくとも飲んだくれているよりは・・・明日も素晴らしい幸せが来るだろう。

 飲んだくれで死んでいた頃に比べたら・・・今は、幸せだなぁ、僕は断酒している時が一番幸せなんだ、僕は死ぬまで断酒を離さないぞ、いいだろ。

 

 酒といつまでも、だと、昨日(2017/9/30)飲酒運転で逮捕された、静岡県の中学校の校長先生(57歳)がいたけれど、いい年こいて、それなりの地位にいる人でも、いきなり全て失うことになるのだ。

 

 ここは、断酒に切り替えて、今日ただいまから、断酒といつまでも、と行こうではないか!

 

 断酒に切り替えるのは、早ければ早いほど、つまり、若ければ若いほど、良い。年齢が上がれば上がるほど、酒を断つことが困難になるし、身体のあちこちにガタが来るし、頭脳の柔軟性が無くなるからである。

 

 

*広告

 

↓↓↓※コメント欄は、承認制にしています。すぐには反映されませんが、必ず、読んで承認しますので、お待ち下さい<(.".)>

(まことに勝手ながら、コメント内容によっては、承認の前に、削除することもあります)

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》