酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

理不尽と不条理の飲酒(断酒4年218日目)

f:id:anomiyakun:20171018190912j:plain

 昨日に引き続き、メルマガ読者から頂いたメールから、これは取り上げたい!と思ったことがあったので、書いてみたい。

 

 その方(Aさん)は、私などの飲んでいた理由に比べたら、遥かに酒に頼らざるを得ないような、不条理な人生を生きていらっしゃる。

 

 Aさんがメールに書いておられた、飲酒の理由や様子は・・・

 

 「理不尽なことに対する怒り」

 「飲まなきゃやってらんないよ!」

 「毎日怒りまくって飲んでいたのでした」

 

 Aさんの置かれた人生を鑑みれば、私の飲んだくれていた理由など、霞んでしまう。

 

 飲まなきゃやってらんない!

 

 これは、多くの方が共感して下さるだろう。長く人間をやっていれば、職場の人間関係や、家庭内でのいざこざなどで、このような感情が沸々とこみ上げて、爆発寸前となった時に、酒に手が伸びる。

 

 キューーーッと飲んでしまうと、アルコールがすぐに脳に回って、スーーーッと心が楽になる。

 

 この、キューーーッ、スーーーッの即効性がほしくて、酒を飲むことが、私も多かった。酒の麻薬的効果は、丸で夏の日の街灯に集まる虫のように、飲んだくれを引き付けるのだ。

 

 但し、このスーーーッの効果は、アルコールが体内に入って来た時だけである。脳内に暫くとどまったアルコールが、肝臓の働きによってどんどん分解されると、その幻想は消えてしまう。

 

 その気持ち良さを持続させるため、或いは何度も味わうために、繰り返し酒を大量に飲むようになってしまうのが、アル中である。

 

 Aさんは、何度か断酒と再飲酒を繰り返しつつも、今、断酒が4か月になったそうだ。

 

 私は、Aさんのような方を、全力で応援したい!

 

 極端な話、理不尽と不条理で構成されているのが、この世である。飲まなきゃやってらんない!は、裏返すと、飲んでもやってらんない!のである。

 

 どうせやってらんないのなら、酒なんぞ飲まないでやってらんない!ほうが、良いではないか!

 

 やってらんないけど、酒なんぞの世話にはならないぞ!

 

 あなたのやってらんない気持ちを、断酒仲間がきっと聞いてくれる。

 私も聞く!誰かに聞いてもらえば、心は楽になる。

 

 

 

*広告

 

↓↓↓※コメント欄は、承認制にしています。すぐには反映されませんが、必ず、読んで承認しますので、お待ち下さい<(.".)>

(まことに勝手ながら、コメント内容によっては、承認の前に、削除することもあります)

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》