酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

断酒の卒業(断酒4年231日目)

f:id:anomiyakun:20171031201947j:plain

 断酒の卒業!?

 

 GTOさんのコメントに、

「断酒に卒業があってもいいじゃないか」と・・・

 

このフレーズから、かなり昔、岡本太郎が出ていたCM、

「グラスの底に顔があってもいいじゃないか」

を思い出した人は、私と同世代かな?!

 

 《断酒の卒業》

 

 考えたことが全く無かったので、短いフレーズながら、かなりの衝撃を受けた。

 

これを含め、GTOさんのコメントの中には二つの問いかけがあった。

 

 1.飲酒に卒業があるなら、断酒にも卒業があるのではないか?

 2.私のみすけ自身の断酒だが、もう意識していないのではないか?

 

 1.については、単に私個人の考えを述べる。

 

 もう断酒など意識しないでも酒が不要になったなら、断酒の卒業かもしれない。そこまで進むと、本当に酒など不要だとも思う。

 

 けれども、見た目も意識も全くの真人間のようになったとしても、如何せん、私たちの身体は、頭の天辺から足の先まで、細胞のひとつひとつが、アル中なのである。

 

 60兆あると言われる細胞ひとつひとつのDNAが、アル中DNAに書き換えられてしまったと言っても過言ではない。これを元に戻すことは出来ない。

 

 なので、私の考えでは、断酒に卒業はなくて、一度断酒学園に入学したならば、ずっと在学生であって、卒業は無いと考えている。在学の期間が長くなるに連れ、どんどん、断酒のレベルは上がるけれども。 

 

 ただ、断酒学園在学がどんなに長くなっても、休眠状態のアル中DNAは、いつでも目覚めるので、一瞬で魔が差して、翌日からまた、断酒学園へようこそ!再入学おめでとう!に、なる可能性がある。

 

 2.については、私自身のことなので、明確に答えることが出来る。

 

 断酒とは、文字通り、それまで飲んでいた酒を断つこと、その状態だが、今では、酒を断っている意識は無いことは確かである。

 

 初期の頃は、飲みたいものをやせ我慢して飲まない状態。今は、全く飲みたくもないし、絶対に身体には入れたくない代物が酒。少なくとも今の私の状態は、断酒ではない。

 

 欲しいわけでなく、二度と飲みたくない飲み物としては、ブログを書く度に意識している。飲んだら、あの飲酒の無間地獄に舞い戻ることになる。それだけは絶対にイヤだ!

 

 私にとって酒は、おぞましい、身の毛もよだつ、この世の物とも思えぬ、悪魔の、悪夢の飲み物である。

 

 そんなわけで、断酒は、毎年、次学年に進級し、新たなステージへと進む。50年生くらいになっても、在学生なんだろうな~。

 

 なので、断酒の「卒業証書」をもらう人・もらった人は、これまで誰ひとりも存在しないことだろう。

 

 

 

 

*広告

 

↓↓↓※コメント欄は、承認制にしています。すぐには反映されませんが、必ず、読んで承認しますので、お待ち下さい<(.".)>

(まことに勝手ながら、コメント内容によっては、承認の前に、削除することもあります)

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》